上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
随分UPまでに時間がかかってしまいました
半分まではすぐに書いたんですが・・風邪を引いちゃって寝込んでしまって、そのあと身体のだるさ
が抜けなかったので・・・1週間もかかってしまいました
でも書き始めたからには時間がかかってもあと2話頑張りたいと思いますのでお付き合い
頂けたら嬉しいです。
終わってしまったので寂しいですね・・・次、早く決まらないかしら???


この回の「2Weeks」今までの中で一番面白かったです

Two Weeks14話の視聴率・・・8.8%
チュソク中にひと桁台に落ちてしまいましたね。。。
こんなに良いドラマなのに残念です。沢山の人に見て欲しいのに・・・(^_^;)

その前に・・・素敵な記事を見つけましたので読んで下さい
「Two Weeks」“新たなイ・ジュンギ”の誕生、信頼できる俳優のお手本に

下手なあらすじですが読んで頂けたら嬉しいです
間違いもあるかと思いますがご理解の上お読み頂ければ幸いです
そして本文の転記はご遠慮下さいませ
詳しく知りたくない方はスルーして下さいね。

動画もどうぞ





☆動画は削除されるかもしれませんので早めに見て下さいね。
削除されましたらこのブログからも動画は削除させて頂きます

登場人物の相関図を見たい方は こちら ← ポチして下さい


最初の回想シーン始まって約1分まで前回と被りますので省きます。

では・・・Weeks 14話あらすじです


제14화(第14話)

2weeks

ムン・イルソクはスジンをパパのところに連れて行くと嘘をついて車椅子に乗せエレベーターに乗る・・・
テサンはスジンを心配しながらも車をUターンさせることも携帯を切る事も出来ない

テサンは心でスジンを呼ぶ・・・
キム先生の声:今から到着するまでこの通話を切ったらソ・イネは死ぬ
テサンの心の声:動画通話で俺の手足を縛ったくせにどうして30分与えたんだろう?
車の番号まで前もって知らせといて
スジンの為に無鉄砲にイネのとこに行けないのを分かっているのに
ムン・イルソクはパク検事がイム刑事に電話する事を知らなかった?
俺の連絡先はイネの携帯にあったし・・・

2weeks


その時ナビゲーションが経路が外れたと音声で伝える
ナビゲーションの経路を外れたらイネは死ぬと言われていたので慌てるテサン
テサン:おい、これ道を間違ったんだよ!おい!
反応のない電話・・・

写真館の前で車のトランクに荷物を男たちが積んでいる

ナビゲーション:経路を再検索します
焦るテサン・・・しかし携帯から何も反応が無い・・・
テサン:こいつこれは何だ?

テサンの心の声:ムン・イルソク、イム・ヒョンジン、ファン・デジュンは何をしてて
こいつが俺を相手にしてるんだ?

ムン・イルソクはイネを捕まえて刑事を病院から引き離しチェギョンに
そっと連絡させ刑事たちに追う時間を30分作ってくれと
そしてイム室長と自分は2次の計画を実行すると
映像通話にして娘の話をすれば春川に行ってナムヤンジュまでついてくるからそこに
テジュンは穴を掘っておけと・・・


テサンは携帯を取ろうか迷う・・・・
「この通話を切ればソ・イネは死ぬ」
イネの言葉:ここに来ればあなたは殺されるわ。そしたらスジンが死ぬ。
もうその記憶をスジンの為に使って 絶対来ないで、チャン・テサン

チェギョン:ハヤン洞にある写真館でした。イム刑事がそっちに向かいました

2weeks

テサン:スジン・・・
テサンは車をUターンさせる

チェギョン:どうして10分もずっと話中なのよ?
チェギョンは出前の人にバイクを30分だけ貸してと頼み見張りに気づかれずに出る


エレベーターの中・・・
テサンの声:手術の日に行くよ。その前には行けない。
放射線治療を受けるときは必ずママと行くんだよ
パパはもうこっそり会いに行けないから・・・

2weeks

スジンはムン・イルソクを見上げる・・・
テサンの声:26日、その時に会おうな
エレベーターのドアが開きムン・イルソクが車椅子を押し・・・スジンはわざと靴を落とす
スジン:おじさん、靴・・・
ムン・イルソクが靴を拾いに行ったすきにスジンはエレベーターに乗り
スジン:パパが来るまで待ってなさいって言ったの・・・

2weeks

エレベーターのドアが閉まる
ムン・イルソクはムン室長の言った言葉を思い出す・・・
イム室長:最大でも20分を超えたらいけません

スジンは急いで病棟に戻り先生を起こすが起きない
ムン・イルソクが戻って来てスジンを探す・・・

ムン室長の声:外に長くいると、感染の危険が大きくなります。命が危険になる恐れがあります
スジンの病室に入りスジンを探すムン・イルソク
そしてスジンはムン・イルソクの動きを見ながら移動する

2weeks


ムン室長の声:3階の小児病棟の患者は4人です
6歳から10歳未満の子どもたちで保護者は後援説明会に出席させました

スジンはキャビネットの中に隠れるが完全に扉が締まらない・・・
じっと息を潜めて隠れているスジン
ムン・イルソクはスジンを探し回る・・・
ムン・イルソク:ちびは一体どこに隠れたのか??
するとキャビネットに気づく・・・

その時テサンが病院に到着し階段を駆け上がる・・・
病棟に着くと看護師たちは全員寝ている
そしてスジンの脱げた靴に気づき驚くテサン

2weeks

スジンと大声で呼びながらスジンを探すテサン
その時ムン・イルソクがそばに来て
ムン・イルソク:スジン、もう隠れん坊はやめよう
キャビネットの隙間から除くムン・イルソク 

2weeks
2weeks

開けようとするとスジンを呼ぶテサンの声・・・
急いで隠れるムン・イルソク
テサンは無菌室に入ろうとするが消毒していないと入れない事に気づき
テサン:消毒・・。
自分の手を見る・・・
無菌室のドアを叩きスジンを呼ぶテサン
テサン:スジン、ここにいないの?ティンティンオンニ!スジナー

2weeks


スジン:パパ?パパ・・・・
キャビネットから出てテサンのところに走って行くスジン

2weeks

ドアを開けようとするスジン
テサン:ダメだ、開けるな 
時計を見て・・・
テサン:今ここを出たらダメじゃないか!
早く無菌室に入ってろ、早く!早く!
スジン:パパは?
テサン:パパがお医者さん呼んで来るから
だから早く入ってろ、早く!

2weeks
2weeks

不安そうにしながらパパの言うとおりに部屋に戻るスジン
怒りがこみ上げるテサン
そして電話をかけようとするとムン・イルソクが逃げる姿を目撃し追いかけようとすると
チェギョンが来る
チェギョン:どうしてここにいるの?
スジンもしかして・・・・
テサン:スジンをちょっとお願いします
そう言ってムン・イルソクの後を追うテサン


2weeks

ムン・イルソクをビルの屋上まで追って来て殴ると
テサン:この悪魔のような奴 俺のスジンなんだ、俺のスジンだ!
俺が助けてくれと膝まづいて乞った子だ
俺が死ぬからスジンの手術だけさせてくれって乞ったのに俺を殺そうと
スジンを拉致する?やい、このやろう!

殴り合いになりムン・イルソクが倒れると
テサン:随分弱くなりましたね?ムン会長

2weeks
2weeks

ビルの屋上の壁の上にムン・イルソクを持ち上げ
テサン:目を開けろ、こいつ、殺さないから、俺もお前を自殺に見せかけて
今すぐ殺せるんだ。だけど殺さないよ、どうして殺さないか知ってるよな?
ムン・イルソク:お前は人を殺せない奴だからだな
テサン:人は殺せないけど獣は殺せないと思うか?
オ・ミスクを殺し、コ・マンソクの殺人教唆、パク検事傷害・拉致などなど・・
30年は刑務所で腐らせてやるからお前を殺さないよ

ムン・イルソク:お前今日俺を殺さなかった事を一生後悔することになるさ
お前のような奴には絶対捕まえられない
意気込みだけでぬかるみから抜け出せるならとうに抜け出していたさ、お前が

私が訳もなく毒蛇になったと思うか? 忘れたのか?私がどんな奴か?
そう、お前なら子供を選ぶと分かってたよ。
来年から娘とソ・イネの祭祀をしろ。来年から今日がソ・イネの命日だ
テサン:お前は俺に手出し出来てもイネとスジンには絶対手差し出来ない!

テサンが去るとムン・イルソクはキム先生に電話をするとテサンが車から
いなくなったと聞き、知っているからすぐソ・イネを連れて来いと指示する


イム刑事が写真館に着くと客のふりをして入口の監視員を倒しイネを助ける
無事なイネを見て抱きしめるスンウ

2weeks

スンウ:どうして俺が来たのか?でしょう?
イネ:あの人が寄越したんでしょう?あの人はスジンの命だから私を助けに来たらダメだから  
イム刑事:助けに来ていましたよ・・・俺と一緒に
スンウはイネを見て頷く・・・

2weeks


電話でイネの無事を確かめ、今病院に向かっていると聞いてホッとするテサン
テサン:スジンは?
チェギョン:来て直接見て。スジンがパパを探してるわ
看護師たちは調査のために慌ただしいのでドクターパクと私が入れてあげます。早く来て

2weeks

テサンはスジンと面会するため緊張し呼吸を整え、髪を整え笑顔の練習
スジンがブラインドを上げるとテサンがプレゼントしたリボンの髪飾りをビーニーにつけて
ニッコリ笑うスジン

2weeks

インターホンを取り・・・
テサン:こんばんわ、スジナ
スジン:こんばんわ パパ
テサン:凄く驚いただろう?もともと今日会う日じゃなかったんだけど
スジン:パパの言った事、これだったでしょう?
手術の日じゃないと私に会いに来ないって言った事、今さっきのおじさんの事だったんでしょう?
私がパパの言うことちゃんと聞いたでしょう?
テサン:物凄~くどうしてこんなに良く分かったんだ?
スジン:悪い友達がいるの。うちの幼稚園の時も・・・だから悪い友達と遊んじゃダメなの
テサン:どんな子が悪い友達なんだ?
スジン:嘘をつく子、友達のを取って食べる子、力の弱い子を叩く子、いじめる子、そして割り込む子
テサン:ママが本当に賢くちゃんと育てたんだな

2weeks
2weeks

スジン:賢くはないんだけど・・・勉強は出来ないの
入学してすぐ病気になったから、だから出来ないんです
テサン:分かるよ、だけどまた学校に行けば勉強出来るようになるよ
スジン:どうしてわかるの?

2weeks

テサン:勉強出来たんだよ 
スジン:(笑)じゃあ、私も勉強出来るようになるね
テサン:必ず出来なくても良いんだよ
だけど・・だけどお前は上手く出来るさ
スジン:不思議だね・・・

スジンの目線に顔を近づけるテサン
スジンが内緒話をするようにして・・・
スジン:パパ、お誕生日おめでとうございます
テサン:誕生日?
驚くテサン・・・

スジン:ママがわかめスープ作ってくれたの
パパはわかめスープが嫌いだから一度も誕生日のわかめスープを食べてないって
パパの代わりに私に食べなさいって言ったの
テサン:そうだったの?
スジン:パパの代わりにお祝いしてあげてって・・・
あ、そうだ、ちょっと待って、ちょっと待ってて・・・

そしてテサンに見せたのがスジンが書いたお誕生日祝いの絵・・・
そこには「パパ、誕生日おめでとう。産んでくれてありがとうございます」

2weeks
2weeks
2weeks

スジン:パパ、お誕生日おめでとう。産んでくれてありがとうございます
テサンは嬉しくて泣いてしまう・・・スジンは戸惑って・・・
テサン:凄く嬉しくて・・・ありがたくて・・・・
スジン:嬉しかったら笑うんだよ
泣きながら笑うテサン、笑顔のスジン

ガラス越しに手を合わせる二人・・・・

2weeks

テサンの心の声:この子が俺を見て笑ってる 笑ってくれる
泣くテサン・・・・



ムン・イルソクはイム室長にチャン・テサンのやつどうして分かったんだ?
すぐ写真館に向かえと言うが秘書は今戻れる状況ではない、とりあえず
会社に戻りアリバイを作らないとと言うとあんな奴にやられたのに私が仏に見えるのか?
怒鳴るムン・イルソク

ファン・テジュンから電話で写真館で見張っていた奴らからイム刑事が来てソ・イネを連れ出した
と連絡があったと・・
イム・スンウがどうして写真館が分かったんだと怒鳴るムン・イルソク

イム刑事がイネの手を引いて病院に急いで戻って来る
それを影から見ていたテサンは
テサン:どこもケガしなかったようだな・・・良かった・・・
あいつ、なかなかだな


スジンの診察をする医師
イネが戻って来てスジンを抱きしめる・・・

2weeks

イネ:今日大変だったでしょう?凄く驚いたでしょう?ごめんね
スジン:面白かったよ
スジンの返事に不思議に思うイネ
イネ:面白かったの?
スジン:パパがスーパーマンのように現れてスジナーって言ったの

2weeks

イネ:そうだったの?
スジン:うん、そしたら友達だって嘘ついてた悪いおじさんがさっと逃げちゃったの
だけどパパはどうやって分かって来たのかな?
凄く不思議でしょう?ママ・・もの凄~く不思議でしょう?
イネ:そうね、もの凄く不思議だね
スジン:ところでママは何処に行ってたの?
あの悪いおじさん、ママがいない事どうして知ってたの?

そして急に吐くスジン・・・
慌てるイネ 
医師:とりあえず寝かせましょう
窓の外から心配そうに見ているスンウ

スジン:ママ・・苦しいよ
イネ:大丈夫なんですか?
頷く医師・・・
医師:まだ大丈夫だと思います

凄く心配そうなイネ
イム刑事が無菌室から出てくるとチェギョンが待っていた

2weeks

チェギョン:お疲れさまでした
イム刑事:ありがとうございました
チェギョン:良かったって言葉しか言うことないわ
イム刑事:チャン・テサンは?
チェギョン:私を待ってます。二人でやる事があって
イム刑事:これまであった事、そしてこれからやる事も私にも教えて下さい
スジンは2日残ってます。その前にムン・イルソクの奴を捕まえないと
チェギョン:わかったわ

イネが無菌室から出て来る
挨拶を交わすイネとチェギョン
イム刑事は防犯室に調査に行くと言って出ていく
多分気を利かせたのかな?
チェギョンにテサンが何処にいるか聞くイネ

テサンは病院のロビーで時計を見ながらチェギョンを待っている
そして・・・イネと再開・・・

2weeks

テサン:イネ・・
イネ:ありがとう、スジンを助けてくれて・・・
テサン:何を・・こんな事を経験させてしまって俺が本当にすまないとしか言葉が無いよ・・・

頭を振るイネ
イネ:私のサインも覚えていてくれてありがとう
スジンを助けなきゃいけないからテサンさんは来ちゃいけないのに、私も生きたかったの
オッパが瞳の写真の事を覚えててくれてる事をどれほど願ったか分からないわ
テサン:忘れられる記憶は他にあるよ
お前がちょっと変なところが多いじゃん?
だから俺みたいな奴に出会ってしまったけど、俺みたいな奴をまだ覚えていてくれる
お前にもっと驚いたよ

2weeks

イネ:今日スジンを助けてくれたことで8年前の事はおあいこね、私たち
明後日、骨髄をあげることで8年間スジンのそばにいてあげられなかった事もあいこで・・・
テサン:そんなに簡単に許せるのか?どうして帳消しにするんだ?
イネ:許してあげたいの それでこそオッパもオッパを許せるでしょう?
テサン:そうしてくれればそうしてみるよ
イネ:明後日ね

2weeks

テサン:ああ、明後日来るから。その時までもっと気をつけて
イネ:そうするわ
テサン:今日は本当に大変だったな。ありがたかったよ  
イネ:オッパも

2weeks
   


イム刑事は病院の警備室に行くとメインボード全て壊されたとCCTVはすべてダメだが壊れる前のはあると・・
飲み物を持って来た女性は撮れてるな?と



2weeks

チェギョンとテサンは公園でインスタントラーメンを食べる
食べ終わるとチェギョンがムン・イルソクに腹を立てる
テサンもスジンも顔を見てるし捕まえなきゃと・・・
テサン:スジンに証言させられないし、俺も同じで目撃者の俺たちが証言出来ないのを知らないんですか?
興奮しないで


チェギョン:そうね、私が興奮しすぎたわね
ムン・イルソクと思う存分やったから少しはスッキリしました?
テサン:殺したって怒りは収まりませんよ
チェギョン:さっきムン・イルソクを捕まえた時ひとまず連行すれば良かったわ

録音機を見せ
テサン:これでムン・イルソクを捕まえればいいです
チェギョン:録音機を見つけたんですか?
テサン:さっき録音機を取って来たらイネが拉致されたという電話を貰ったんです
チェギョン:ところでソ・イネさんの瞳を拡大してみるのはどうして思いついたんですか
ソ・イネさんがサインを送ったって言ったじゃないですか?
それはどういう事だったんですか?

テサン:それはただ俺ひとり・・・俺の心の中に大切にしておきたい事だから・・・

録音機を差し出し・・
テサン:聞いてみて下さい

2weeks

テサン:どうですか?
チェギョン:こいつら
状況はムンイルソクだけどこれがムン・イルソクが真犯人だという証拠にはならないわ
テサン:だけど状況はかなり具体的でしょう?
チェギョン:これだけではムン・イルソクを捕まえることは出来ないわ
テサン:捕まえられます
チェギョン:どうやって?
テサン:ファン・テジュンが俺が録音機を設置したことをムン・イルソクに話してないんですよ。
ムン・イルソクの家で捕まった時俺が質屋に泊まっただけだと思ってました。
チェギョン:ミスクを殺したのがムン・イルソクという言葉がファン・テジュンが
話したとムン・イルソクが知ったら・・・


続きは次のページへを
ポチして続きをどうぞ...

... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。