上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんと・・・ヤンソンが大変なことになってしまいました
果たしてソンヨルはヤンソンを無事に助けられるのでしょうか?
またまたUpするまでお時間頂いてしまいましたね^^;
前半はすんなりスムーズにスッキリ今回は書けそう~って思ったのですが・・・
やっぱり後半に向かって行くとそうも行かず・・・長くなってしまいました
また下手なあらすじですが宜しかったらどうぞ


ネタバレ注意です。内容を知りたくない方はご遠慮下さいませ。
こちらに書いているセリフ等は私が解釈して書いてますので間違いがありましたら
お許し下さいませ。m(_ _)m
転記は固くお断り致します

前回と被る部分はスルーで・・・


夜を歩く士」8話 あらすじ・・・・


ヤンソンがソンヨルの本心を知りたいと言うと・・・・

夜を歩く士 8話

ソンヨルは「本心が気になるのか? ひと晩そなたと過ごすことを拒むつもりはないが
心を云々言うそなたはそれに耐えられるのか

そう言うと無理やりキスしようとしヤンソンは拒んだ

ソンヨルは「私にそれ以上の事を望んでるのか?私がそなたを恋い慕ってるとでも思ったのか
と冷静に言った

傷ついたヤンソンはそんなソンヨルに
そんなに残忍におっしゃらなくても学者さまの気持ちは分かりました
初めてでした。お役に立てず心苦しく、そんな私が情けなくて、そんな気持ちが・・・

薬を差し出し・・・「私がして差し上げる事がこれしかありません
ソンヨルが薬を受け取ってくれず、ヤンソンはしょんぼりし、トボトボと帰って行く

夜を歩く士 8話

ヤンソンは帰りながら泣きたい気持ちを抑え「泣いちゃダメ・泣いちゃダメ
と自分に言い聞かせながら歩くが、ついに堪えきれずにしゃがみこんで泣いてしまう
オットケ??可哀想(>_<)

夜を歩く士 8話


チョセンはヤンソンがソンヨルと一緒にいるのを見て驚き、10年前を回想した
人のうめき声が聞こえて覗き見ると吸血鬼のクィに襲われていソ・ジョンド令監
隠れていた子供が父を心配し、出て来て泣きながら父を呼ぶ子供
その時父親はクィに噛まれ吸血鬼になった為、突然豹変し子供に襲いかかり肩に噛み付いた
その瞬間、ソンヨルが現れ子供を助け、子供の父親に
しっかりしろと声をかけ、チョンヒョン世子の備忘録の有りかを聞くが返事はなく
吸血鬼になり苦しむその父親をサンザシの刃物で刺して殺すところをヤンソンの養父
であるチョセンが目撃し、ソンヨルがヴァンパイアであることを知った
この時、ソンヨルが助けた子供がヤンソンだったんですね
でも・・・オットケ??いくらヤンソンを助ける為とはいえ、ヤンソンの父を殺しちゃったし・・(>_<)

夜を歩く士 8話

ヤンソンがその時の吸血鬼と一緒だった事に衝撃を受けたチョセンはヤンソンに
さっき華陽郭に一緒にいた人がウンソク谷の学者か?」と尋ね
ヤンソンは「父さんがどうしてそれを?」戸惑うヤンソン
チョセンはソンヨルがチョンヒョン世子の備忘録を探していた人がソンヨルあったことを知った
二度と会う事はないとヤンソンは言ったが、すぐに荷物をまとめて家を出るという父に
自分が間違っていたと謝るヤンソン


夜を歩く士 8話

ヘリョンはクィにソンヨルと出会い、自分の家の前までおびき寄せたので自分が領相大監
の娘だとわかるだろうと報告
頭ではわかっていても心では簡単に受け入れられないだろう。私が見ても似過ぎている
自分のために命を捧げた女人を簡単に忘れるわけがない
」そう言ってクィはヘリョンに
キスしようとするがヘリョンは避け「私にした約束を守って下さると信じています
クィはそうだなと答えヘリョンを世子妃にするから心配するなと言う
するとヘリョンは「今度、彼に会ったら彼が暮らしていた場所に誘う」と約束した
ヘリョンが二度と近づくなと言ったけど・・・ソンヨルを助けようとしてるわけじゃなかったんですね^^;


ホジンからチェ・ドカプ(片腕の男)が世孫の元へ行きたいと言っていると聞き世孫の元へ・・
ドカプは世孫が探しているチョンヒョン世子の備忘録の行方は知らないが他の物を持っていると
紙を渡し・・10年前サドン世子が謀反を企んだと陥れたのがノ・チャンソン大監だったと
その時、ソンヨルに「サドン世子に謀反の濡れ衣を着せた罪を償って死にたい
恩を少しでも返させて欲しい
」と訴えた時、ソンヨルから自分が直接世孫に会いに行くまで
自分の存在を伏せておいて欲しいと言われた事を思い出すドカプ


ソンヨルは宮からクィの餌食になった遺体を盗んで来た
民にクィの存在が事実であることを知らせる為、リヤカーの上に遺体を乗せ皆に目撃させる

ソンヨルは世孫のアジト小屋に行くと世孫の新しい壁書が・・
私は亡くなったサドン世子の息子でこの国の世孫であり淫乱書生だ
私は今から宮に住む吸血鬼のクィと戦う

ソンヨルは世孫が正体を明かす準備をしている事を知る


夜を歩く士 8話

世孫が淫乱書生であると明かす時に合わせて淑嬪の遺体をソンヨルの血で少しの間
生き返らせ日で灰になる姿まで人々に見せれば誰も世孫の言う事を嘘だと思わないだろうと
そして、その後世孫と同じ志を持つ同士として世孫の前に姿を現すというソンヨル


クィは領相にソンヨルを連れて来い!連れてくれば王の座につけてやるという
ソンヨルが奪った遺体を回収した主上はソンヨルの能力を褒め、ソンヨルのお陰で淫乱書生
の言ってる事が証明されたと満足そう
犠牲は出るが淫乱書生をクィの元に連れて行けば終わることだと


夜を歩く士 8話

寺に母を尋ねたユンはそこでヘリョンに会う
ユンの母はこの1年、話相手をしてくれた有難い娘だとヘリョンをユンに紹介する
ユンも礼を言い、ユンの母はこんな優しい娘がいたらどんなに良いかしらと・・・
ヘリョンは計画的に近づいたんですねΣ(´∀`;)


夜を歩く士 8話

ヤンソンは荷物の整理をしていて「夜ソンビ」の本を開いて見るとそこにはソンヨルの絵
自分のせいで済州島まで行くことになって、学者さまにも会えなくなると謝るタミ
でも、ヤンソンは明るく笑ってまた「夜ソンビ」を再び書くという

夜ソンビの隠密な私生活を書くと・・・タイトル「夜ソンビ外伝」
夜ソンビさまがその女人に始めてあったのは書物を手に入れるためだったの・・・
だけど始めて会った瞬間から彼女の香りに虜になったの。その時から・・・

今まで大切にして来たソンヨルとの大切な思い出を物語と言って妹に話して聞かせるヤンソン

そんなそなたの気持ちが可愛い」ソンヨルの言葉を思い出すヤンソン
そして「つまらない!ただの夜ソンビ伝を書かなきゃ」と
夢だもん・・目覚めたら全て忘れる・・・あー本当に本当につまんない」ヤンソンの瞳が涙で潤む


チョセンはサドン世子の法事にチョンヒョン世子の備忘録と筆箱を服の中に隠して持って行く
チョセンはこれをどうすれば良いのか?これを持て余し、悩み苦しんでいた


夜を歩く士 8話
夜を歩く士 8話

ソンヨルが世孫の壁書を見てから部屋を出ようとした時、突然ピシッと音がし
見ると・・・ヤンソンがプレゼントしてくれたランプにヒビが入り、驚く
気になり、ランプを見ていると再びヒビが入る・・・嫌な予感がするソンヨル
そこに淫乱書生が隠れ家に集まりもうすぐ壁書を撒くようだとスヒャンが報告に来る
ソンヨルはヒビの入ったランプを気にしながらも出かける
市場では世孫一派が世孫の壁書を撒く準備を隠密に行う
ソンヨルは世孫が壁書を蒔いた時に合わせて淑嬪の遺体を生き返らせる準備を整え
世孫に会いに行く

ヤンソンは済州島に発つ準備を終えた時、ソンヨルに貰った革靴を入れなかった事に
気づき探すが見つかない
そして家に置いてきた事を思い出し、取りに行くと言うとイヤミを言う義母
しかし、父が付き添ってくれ家に取りに戻る


世孫の側近のユ・ハギョンが壁書を撒く準備が出来た
淫乱書生を名乗るのは私ではダメですか?」と聞くハギョン
ユンは「私も死ぬのは怖い。だがチョンヒョン世子邸下も父上もそうだったように誰も
変わりにはなれぬ。私の仕事だ。時間に合わせて片腕を連れてくるのだ。我々に力を与えて
くれる重要な証人だ

世孫の配下が片腕の男(チェ・ドカプ)を守りこちらに向かう途中、官軍に取り囲まれてしまう


夜を歩く士 8話

世孫はただならぬ空気に振り向き「王座」のほうに向かい「誰だ?」と尋ねると
·ソンヨルは「今日、壁書が撒かれる頃、クィに殺された淑嬪の遺体が目覚めるでしょう
そうなれば、民たちも邸下の言葉が真実だと分かるでしょう
」と話す
誰だと聞いている?」再び尋ね
邸下と志を同じくする者」とソンヨルは答えた
これに世孫は「壁書を隠し成均館の博士と儒生を救ってくれたのはそなたか?」と
そうだと答えるソンヨル
死んだチェククェの家族の面倒を見てくれたのもクィに殺された官軍の遺体を市場に
移したのもそなたか
」と問い返した
さようでございます」答えるソンヨル
自分を助ける理由は何だと尋ねる世孫
私もクィを倒すためチョンヒョン世子の備忘録を探しております
しかし世孫は警戒しソンヨルの方へそっと近づきながら
クィの存在をどうして知ってるのだ?そなたの正体は何だ?
訪ねながらソンヨルの隠れている所に近づいてくる世孫に止まるように言うソンヨル
そして「私への信頼が固まったその時、邸下に全てを明らかにします
それに世孫は「いや、そなたの正体を知ることが先だ。信頼はその次に築くようにして」と言って
キム·ソンヨルを見ようと近づいたが、その時「主上殿下のお成り~」の声に歩を止めた

世孫の配下が壁書を蒔こうとした時、官軍が現れ蒔こうとした世孫の配下たちは捕まってしまう
驚くホジンとスヒャン

夜を歩く士 8話

世孫がヤンソンを守るように命じた護衛武士が主上殿下と共に現れ驚くユン
今日は嬉しい事があり世孫に知らせに来のだ。ついに淫乱書生とその一派を全て捕まえる
事が出来るようになった
」と話す主上殿下
一方、片腕の男を守り移動していた世孫の部下たちも官軍から攻撃を受けドカプは刺されて
しまうが何とか逃げる


夜を歩く士 8話

ソンヨルがプレゼントしてくれた革靴を見つけて嬉しそうなヤンソン
父はせっかくだから履いて行きなさいという
革靴を履いて嬉しそうなヤンソン
済州島に行ったらお金を稼いで父さんにも革靴を買ってあげると言うヤンソンに嬉しそうな父
そこに刺された片腕の男チェ・ドカプがやって来て倒れる


淫乱書生はチェククェをしているチョ・ヤンソンだ」と主上殿下が言い・・
驚く世孫とソンヨル
世孫が淫乱書生を捕まえたと公表しろと配下に伝える


チェ・ドカプは胸元から紙を取り出し迷惑をかけたくなかったが、世孫邸下に渡して欲しい
と、世孫邸下が淫乱書生だと告げ・・・その時、官軍が現れ紙を取り上げると
ヤンソンが淫乱書生だと言われ・・・・捕えろと・・ 驚くヤンソン

夜を歩く士 8話

ヤンソンを心配し探しに来たソンヨルを見て「夜ソンビさまだ」と驚くタミ
ヤンソンの居場所を尋ね、家に忘れ物を取りに行ったと聞き、急いでヤンソンの家へ急ぐ
ソンヨルが到着した時には官軍たちに連れて行かれた後だった
ソンヨルの姿を見つけスヒャンが駆けつけ、全て知られていた話す
待っていたかのように淫乱書生の一派を捕まえたと
淑嬪の遺体は無事に華陽郭に移したと聞き
ヤンソンが淫乱書生として捕まった」とスヒャンに話し
そなたはすぐ渡し場に行って済州島に行く船を捕まえろ、私はヤンソンと
ヤンソンの父を救い出し渡し場に向かう、急げ
」とすぐにヤンソンの元へ向かうソンヨル


世孫もまたヤンソンが心配で外に出ようとするが主上殿下の命令で軟禁される
ユンの右腕のノ・ハギョンを呼んで欲しいと言うと淫乱書生と内通した罪で捕まったという



ヤンソンは父と一緒に牢屋に入れられる
世孫邸下が淫乱書生だなんて、しかも私が淫乱書生だなんてどういう事?」動揺するヤンソン
そんなヤンソンに父は「絶対、世孫邸下が淫乱書生だという事は言ってはならぬ、私たちは
何も知らないのだ
」と固くヤンソンに口止めする
ヤンソンは「そんな事をして私たちに被せられたらどうするの?
世孫邸下の名前を口にした瞬間、私もお前も殺される。他に方法がある筈だが」と父

夜を歩く士 8話

その時、ソンヨルは義禁府の牢の守衛を全て倒しヤンソンを助けに来た
カギを壊し扉を開け「船を準備したから早く出よう
ソンヨルが助けに来てくれて嬉しそうなヤンソン
ところが、ヤンソンの父はソンヨルを見て怯え、助けを求めて叫び始め・・・
助けて下さいと泣き出す
そんなチョセンに驚くヤンソンとソンヨル
ソンヨルは「もしかして私を知っているのか?」尋ねるが怖がり・・
父がサドン世子の個人チェククェの仕事をしていたのですが、何故か分かりませんが
学者さまを遠ざけるようにと・・・
」戸惑うヤンソン
助けて下さい!!!誰かいませんか??」泣き叫ぶチョセン
チョンヒョン世子の備忘録を知っているか?」ソンヨルが尋ねるが助けてくれと叫ぶばかり・・
そうこうしているうちに主上殿下たちが来ると守衛たちが倒れていて異変に気づかれる
泣き叫ぶ父に「とりあえず船に乗ろう」ヤンソンの言葉にも耳を貸さず泣き叫び続ける
困り果てるヤンソンとソンヨル・・・
仕方なくソンヨルはヤンソン親子を置いて逃げるしかなく・・・

夜を歩く士 8話

ヤンソンの義母とタミにふたりは今牢屋に入れられている
ヤンソンが淫乱書生として捕まり証拠も家から出て来たと今の状況を説明し
旦那さんも逆賊とし斬首は免れないと話す・・
それを聞いたふたりはそんな人間ではないと宮に説明しに行くと言う
ソンヨルは助ける方法がなくはないと・・・
チョンヒョン世子の備忘録を見たことはないか」尋ねると見た覚えがあるいう義母
探していると、義禁府に連れて行かれた人がいなくなったとホジンが報告に来た
すぐにソンヨルは義禁府に確かめに行くとヤンソンたちの姿は無く
ヤンソンの革靴が片方脱げて落ちているのを見つけ切なそうなソンヨル


夜を歩く士 8話

淫乱書生を捕まえたのにクィの元に連れて来ない主上に不満なクィ
何故かと問われ、世孫がせっかく捕まえたのに、ソンヨルが現れた
幸いにも大丈夫だったが、また現れて淫乱書生を連れて行ったらどうるすのだ?と
自白するまで吸血鬼でも探せないところに隠したので心配無用と言う主上
自白しなかったら2日後にクィに差し出すと約束する主上
主上がヤンソンに罪を被せたんですね!全く・・悪党だわ(`ヘ´)

主上の言葉は正論だが気に食わないというクィ
信じられないのであれば世孫の命を賭けるという主上 
それを影で聞いているソンヨル
主上は自分の言葉が少しでも信じられないと思う事があった時には世孫を殺せと・・・・( ̄▽ ̄;)
その言葉にクィは笑いながら・・・
あのように大切にしている世孫を担保に差し出すとは・・
肝に命じよ・・そなたが世孫を助けられる時間は2日だ



夜を歩く士 8話

ソンヨル「宮の何処にもいなかった・・・
ホジンとスヒャンも手を尽くして探したが何処にもいなかったと報告する
ソンヨルは「誰も探せないところに隠したのだろう
こんな緻密な主上のお陰で今まで世孫が淫乱書生であると気づかれずにいたのだろう

それにホジンは今まで主上の悪口を言い、王座から下ろそうとしていた孫を助けたのは
何故なのか?と理解出来ないホジン
それにスヒャンが世孫を立ててクィと戦おうとしてるのでは?との問いにそれはないと言う
ひとつだけ確かなのは世孫を守るためヤンソンを淫乱書生に作り上げるだろう」厳しい表情のソンヨル


夜を歩く士 8話

連れて来られたところは拷問の道具がたくさんあり怖がるヤンソン
そして「さっきはどうしたんですか?学者さまを知ってるの?
父さんどうしたの?学者さまは私たちを助けて下さろうと・・・
」ヤンソンが尋ねると
人を助ける?何を言う?その者が誰を殺したと・・その者は人を喰い・・・
父の反応に驚き「何を言ってるの?人を殺すだなんて・・
その時、ユンの側近のユ・ハギョンたちが連れて来られる
そして尋問が始まる
縛られたヤンソンたち・・・壁書や本を証拠として出され自白するように言われる
ヤンソンは生活苦のため淫乱書生の本を売っただけ・・壁書は書いていないと否定
ヤンソンの父、チョセンはヤンソンの口から世孫の名が出ないよう何も知らないと口を挟む
助けて欲しいと訴える・・・父はヤンソンに言わないように目配せする
すると罪を自白するまで叩けと、拷問が始まる・・・

夜を歩く士 8話

ソンヨルはヤンソンの服を持ち必死に探し歩く(匂いで探すため?)
しかし・・どこを探してもヤンソンの姿はなく、いつの間にかヤンソンの家の前に
高台に登り都城を見渡す
誰も知らないところに罪人たちを隠した。吸血鬼といえども絶対探すことの出来ない場所
なので心配ご無用
」主上の言葉を思い出し、ヤンソンの服を切なそうに見つめるソンヨル

ヤンソンを見つけられず落胆して帰って来たソンヨルがヤンソンの服を見ていると
ヤンソンの義母がその本を見つければ夫とヤンソンを助けられるのか?と尋ね
その本がどこにあるか思い出したと言う
夫が昨日寺に行く時にそれを隠し持っていたと話を聞き驚くソンヨル
ホジンと早速寺に行くと・・・戒名にはソ・ジョンド令監の霊と・・・
ソンヨルは10年前、吸血鬼になったソ・ジョンドが子供を襲っているのを発見し
サンザシの短刀で殺した事を思い出した・・・驚くソンヨル
ホジンが誰かと聞くと「ソ・ジョンド・・サドン世子の側近でクィに噛まれた者だ
ところで何故ヤンソンの父がその方の法事をしてるんですか?」と聞くホジン

夜を歩く士 8話

その頃、ヤンソンたちは酷い拷問を受けていた
ヤンソンが淫乱書生だと自白し、罪を認めれば助けてやると世孫の一派に言う領相
ヤンソンは自分は淫乱書生ではないと強く否定する
その時、ユンの側近のユ・ハギョンは
ここに座らせられている者たち、殺されるべき者は我々ではない。権力に目がくらみ
国と民を吸血鬼に捧げた主上と老論の大臣たちだ。私の父上を吸血鬼に捧げた
祖父の座る座だ

それに領相はまだ拷問が足りないようだと・・服を脱がせて自白するまで焼きごてで焼けと言われ
ヤンソンの父は驚いてヤンソンが女だと明かし、許しを乞う


夜を歩く士 8話

世孫はヤンソンが淫乱書生ではないと主上殿下に訴える
私が淫乱書生です」という世孫に
黙れ、これ以上口を開けばそなたの父のようにしてやる
そう言われ、その後、クィに捧げるのでしょう?父をそううしたようにと言い返す世孫
主上は世孫の父は失ったが世孫は守ると言う
そして・・世孫が淫乱書生になった時、壁書を蒔いた時、自分だから守れたと言われて
世孫は全て知っていてどうして見てるだけだったのか?と避難する世孫

そなたが戦おうとしている物の実体が何か?そなたが戦う能力があるのか?
判断する機会を与えた
」という主上
そして「そなたはまた、父のように正義感だけ前面に出して多くの犠牲を出した」と非難した
何も言い返せない世孫
その時、ヤンソンが男装していたと聞いた主上は淫乱書生でなくても罪に問うという
驚く世孫・・・


夜を歩く士 8話

ソンヨルはヤンソンをこのままにしておくと言う
明日主上殿下の尋問が始まればただではすまないだろうと心配するスヒャン
すると「分かっている。だからヤンソンの命を担保にヤンソンの父と取引をする
ソンヨルの言葉に驚くふたり


つづく・・・・・・

ヤンソンの命を担保に取引するって??早く助けないの???
今、いるところもわからないのにどうやって??
チョンヒョン世子備忘録は見つからなかったんですね
ヤンソンは女性だから焼きごてで焼かれてないと思いますが心配です
でもソンヨルが治してくれるかしら?
世孫よりやっぱり主上殿下のほうが何倍も上でしたね(^_^;)
ヤンソンをどうして淫乱書生に仕立て上げたのか・・・酷すぎます。。
とにかく早く水曜日の続きの放送を見たいです
あ”~~~気になる~~!!!


いつもたくさんの応援ポチや拍手を頂きありがとうござました。感謝です
次のあらすじを書くパワーを私に下さいね
読まれましたら応援ポチして下さるととっても嬉しいです。更新の励みになります
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

ランキングに参加してます上
クリックジュセヨ~~音符
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。