上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっと・・やっと10話のあらすじを書き終えました
お待ちいただいてた方、お待たせ致しました^^
備忘録のクィを倒す秘策とは?ソンニャンカップルはどうなるでしょう??


ネタバレ注意です。内容を知りたくない方はご遠慮下さいませ。
こちらに書いているセリフ等は私が解釈して書いてますので間違いが多々あると思います
お許し下さいませ。m(_ _)m
転記は固くお断り致します


夜を歩く士」10話 あらすじ・・・・

夜を歩く士 10話

ヤンソンは父の死に泣き崩れ・・・・それを見つめるソンヨルが切なく・・・
そこに世孫がやって来てヤンソンはどうなるのだ?と武官に尋ねる
するとヤンソンは官奴婢として官衙に送られるという


夜を歩く士 10話

ヤンソンを官奴婢から助け出したいというソンヨル
クィが黙ってはいないだろう、そして、ヤンソンを生かしたことが気になる
官衙の官奴婢ならどうにか助け出す方法があるかもしれないので調べてみると
そして、備忘録はどうなったのか尋ねるスヒャンに暗い顔のソンヨル
ソンヨルの反応を見て備忘録の在り処を聞き出せなかったのだと思ったが・・・
聞いたというソンヨルの返事にホっとするふたり
ソンヨルの頭の中はヤンソンの心配でいっぱい(笑)


夜を歩く士 10話

ソンヨルは法堂の中に隠してあるというチョセンの言葉で法堂に行き慎重に法堂の隅々を
探し、とうとうチョンヒョン世子の備忘録と筆箱を見つける
チョンヒョン世子の備忘録を開くと・・チョンヒョン世子の日記(?)が・・

実に恐ろしい、あの者が生きた人間を噛み殺す吸血鬼
私があの者を殺して朝鮮を守れるだろうか


そして大切な友ソンヨルへの手紙・・・・
この備忘録がそなたの手にあるということは私がすでにこの世の人ではないということであろう
多分、私はクィ、あの者に殺されたということであろう
死ぬと思うと国の心配より世孫が目にありありと浮かぶ
すまない
こんな大きな荷物をそなたに残して逝き・・・


チョンヒョン世子の思いに・・・・邸下・・・・

そしてありがとう
私の生涯無二の友であり同士として私のそばにいてくれて


友のメッセージに胸が熱くなるソンヨル
涙が出ますね・・・・

その中には人の名が・・・
チェ・ヨンギュ、チョン・グモク、この人たちが秘策なのか??」呟くソンヨル


夜を歩く士 10話

左相大監は主上に世孫の配下たちの最後を話していた
彼らもまた世孫を守るためチョセンと同じ薬を飲んで死んだよう
犠牲が大きいと嘆く主上
クィから民を守ると決めたが未だにかけがえのない多くの犠牲を出している
私たちに希望はあるのか?」と左相大監に尋ねる主上
すると左相大監は
あの者がいるではありませんか?淑嬪の遺体を生き返らせた他の吸血鬼
どうもあの者が裏で私たちを助けてくれているようです。もう終わらせる時が来たようです

ソンヨルの事を左相大監は言ったんですね^^


チェ・チョルジュンはクィに世孫が淫乱書生で間違いないと訴えるが
クィはソンヨルの手に備忘録が渡ったらどうする?と不安になる
あの年よりは淫乱書生ではない!主上が世孫を守るための陰謀だと訴えるが・・
クィはうんざりしていた・・・
そこにヘリョンが現れチェ・チョルジュンは下がるように言われる

夜を歩く士 10話

キム・ソンヨルを早く捕まえる秘策はあるのか?とヘリョンに問うと今は分からないと答える
人間の女人とよしみとは・・このように愚かな行動をするとは、死んだチェククェの娘を監視しなさい
その娘のそばに必ずキム・ソンヨルがいるだろう

ヘリョンはソンヨルは華陽郭に行けば会えると知ってるのに知らないと??何故??


ソンヨルは備忘録に書いてある名前の人が秘策なのか関係あるのか分からないが
サドン世子がこの人たちを探し、秘策を探したのでは?と推理する
イ・ヒョヨン、チェ・ヨンギュ、チョン・グモク・・・120年前の台帳を調べるよう支持
世孫は人が変わったようになったという
老論の側に立ち、側近のユ・ハギョンから淫乱書生の汚名を着せられたとして直接罷免したと
世孫、酷っ!!!ユ・ハギョンを殺されなかったから良かったけど・・・これも守るため??


主上はクィが見てるので世孫が変わったと分かるよう行動に気をつけるように注意
自分が無能なせいで大惨事を起こした、力が備わるまで待つという
世孫が視察中、以前側近だったユ・ハギョンに会う

夜を歩く士 10話

そなたが仕えた淫乱書生はすでに死んだ・・
冷たく接してもノ・ハギョンは
選んだ道をまっすぐ進んで下さい。皆が邸下が変わったと言っても私は信じません
私に対しての対応、ヤンソンを奴婢にしたことも理由があると思います
私はいつでも同じところで邸下をお待ちしています。また逢う日までお元気で
」と
ノ・ハギョンに感動!!これぞ忠信ですね^^



夜を歩く士 10話

世孫はヤンソンの様子を官衙に見に来た
ヤンソンは足を引きずりながら塩壺を抱えて運んでいた
あの明るかったヤンソンが別人のように生気のない顔に・・・
自分の前に立った世孫を見てヤンソンは無表情に・・・「申し訳なく思われますか?
そうだと答える世孫
ずっと申し訳ないと思っていて下さい
兄さん・・と言いかけたが、すぐ言い直し
あなたは私に拭えない罪を犯したからです。私への謝罪の気持ちで国と民を救って下さい
それが淫乱書生がすべきことですから。そして、二度と私の前に現れないで下さい
会いたくありません


そうしよう 二度とそなたの前に現れぬ
幸い、よこしまな輩がみんな罪を受けたのでそなたも自分の立場をよく自覚して
自ら労わりなさい
」冷たく言い背を向ける世孫
ヤンソンは抱えていた塩壺を落としてしまい、叱られるところを見つめる世孫とヘリョン
ヘリョンはヤンソンの様子を見に来て、ヤンソンのそばに世孫がいることに驚く


ソンヨルは兵伴大監に土地を上納し、ヤンソンを奴婢から救い出すことに
時を見てヤンソンを連れて行くようにと言われる
そして、この兵伴大監からソンヨルはチェ・チョルジュンが出世のために娘のヘリョンをクィに
捧げたと聞き驚く

ヘリョンは父親のチェ・チョルジュンに世孫の妃になるこを夢にも見るな、世孫は淫乱書生だ
必ず証拠を掴み世孫を膝まづかせると・・世孫が淫乱書生と聞き驚くヘリョン


夜を歩く士 10話

ヘリョンがソンヨルに会いに華陽郭にやって来た
ソンヨルがヘリョンを無視して行こうとすると、
先日、官衙で淫乱書生という者の娘を見ました」と声をかけた
するとソンヨルは驚いて振り向き「お嬢さんが直接見たのか」と尋ね、ヘリョンは
はい。心身がとても衰弱しているように見えました」と伝えた
そして・・・」と意味深に言葉を続けると、ソンヨルは「何か?重病なのか?
とヤンソンをとても心配した
するとヘリョンは意外な人物がヤンソンと会っていた
その人は世孫でヤンソンに興味があるようでとても長く話していたと状況を説明した
ヤキモチでも焼かせたいの??


ヤンソンは高い塩をこぼしたため罰として山のような俵をひとりで倉庫に運ぶよう命じられる
足を引きずりながら父の代わりに自分がやらなければと・・満身創意の体で運ぶが、遂に
倒れてしまう


夜を歩く士 10話

ソンヨルは備忘録を隅から隅までしっかり見るが手がかりらしものは見つからない
注意深く見ていたソンヨルは何かに気づき、紙を剥がしてみるとその中に文字が書かれていた
それを見たスヒャンが「これが秘策でしょうか?」と尋ねる
3つの言葉が何を意味しているのか?
その中には守護クィも記載されている
その時守護クィの言葉を思い出すソンヨル
クィを呼んだのが人間の意志ならクィを追い出すのも人間の意志がなければ不可能なこと
王座に目が眩みクィに屈した王には私が助けられることは何もない
私は規律を破った吸血鬼を処断するために存在する守護クィだ
」と

ソンヨルに噛み付いた時、ヘソはソンヨルに
私の力を受け継ぎ、クィと対決できる唯一の吸血鬼になるのです

王才・・・・世孫と私がクィを倒す秘策の中のひとつだ・・・・


ホジンが官衛にヤンソンを連れ戻しに行くとヤンソンは死にかけていた
濡れ衣を着せられ酷い拷問を受けたヤンソンは父まで失い、奴婢生活で心身共に
ボロボロになり更に危険な状態になっていた


ソンヨルとスヒャンが備忘録の内容を噛みしめながらクィを倒す方法が何なのか悩んでいた
誰がモゲなのか、それが分かればクィを倒せるかもしれない
先に世孫と合わなければならないと話すソンヨル・・・
その時、ホジンがヤンソンを背負って泣きながら入って来た
驚くソンヨル・・
ホジンはヤンソンを医員に見せても何にもならず息をやっとしてるだけだと泣きながら話す
ソンヨルはヤンソンを降ろさせるとホジンから奪い取るようにヤンソンを抱き上げ
お風呂にお湯を準備しなさい」とヤンソンを抱いて急いで行く
その後をついて行こうとするスヒャンに「やめろ、お前は出しゃばるな」と引き止めるホジン
ホジンはとってもいい人ですね^^ 


夜を歩く士 10話
ある記事ではこのシーン、19禁(?)って書いてありました(笑)

ソンヨルは倒れたヤンソンを用意させたお風呂に一緒に抱いて入った
ヤンソンの肩や鎖骨は拷問の傷が残っていて、ソンヨルはサンザシの短刀を取り出し
自分の両手首を切り、その血をお湯に溶かし出す・・・痛みで顔を歪めヤンソンに倒れ掛かるが
ヤンソンを抱き、心で呟く・・・
私はそなたが怖い。恋人の命を借りて生きている私が、人でもない私が
そなたのそばで、そなたを見て触って、人のように生きていたくなるかと思うと・・・

ソンヨルの血が溶けたお湯をヤンソンの顔や肩などの傷にかけると傷は徐々に回復して行った

夜を歩く士 10話

ヤンソンの肩の古傷を見て、10年前ヤンソンをそんよるが助けたと言った
チョセンの言葉情景が浮かぶ・・
ソンヨルはより強くヤンソンを抱き締めた
その様子を影から見ていたスヒャンは切なくなり涙を流す
スヒャンとしては辛いですね・・可哀想....


夜を歩く士 10話
 
世孫は母の住む寺に行くとヘリョンが淫乱書生と一緒に亡くなった人たちを弔っているのを見て
怒る世孫・・・母が代わりにお願いしたという、母はサドン邸下が思い出されてと・・・
母は世孫がもしかして淫乱書生なのか?と・・・否定して欲しいと悲しむ世孫の母
世孫は最近眠れないのでここでひと晩寝かせて欲しいという
世孫が淫乱書生であるというふたりの会話を外で立ち聞きして驚くヘリョン
そして、世孫妃を選ぶとき、意図的に世孫に近づいたと悟られないようにしなくては・・・と


夜を歩く士 10話
きゃーこんな目で見つめられたら爆死しちゃうわ~

ヤンソンが目覚め、そばで看病をしているソンヨルの顔へ手を伸ばし触る・・・
お顔が冷たいです・・私が温めて差し上げます。こうすれば暖かくなります
その手を下ろさせ行こうとするソンヨルをヤンソンは引き止め
行かないで下さい。このように私のそばにいて下さい
ソンヨルは手を握り返し、優しく微笑みながらヤンソンの顔に近づき見つめながら
行かない
見つめ合うふたり・・・
学者さまが大好きです。恋慕しています
私も・・・そなたを・・・」心で囁きながらヤンソンのおでこにキスをし、唇にキス
そして・・・「私に出来ることはここまでだ。そなたと私が共にすることはない
なぜですか?」尋ねるヤンソン
その理由は、いつかそなたも知るだろう。すごく疲れてるだろう。ぐっすり眠りなさい
優しく手を握り返すソンヨル
行かないで下さい・・私のそばに・・私のそばに・・」眠りにつくヤンソン


夜を歩く士 10話

明日には目を覚ますだろう。家族に知らせて、船に乗せる準備をしなさい
ソンヨルが指示するとホジンは
必ず送らなければなりませんか?無知で鈍感な私の目にも見えます
旦那様が命を投げ出すほどヤンソンを想ってらっしゃることを

ホジン!」強くホジンの言葉を遮るが・・・
120年を死んだ人のように生きて来られました。もう幸せになってもいいじゃありませんか?
するとソンヨルは
秘策を探してクィを倒すことが私が生きる唯一の理由だ。それが済めば私も人間界から消える
そのソンヨルの言葉を影で聞いているスヒャン
ホジンはソンヨルに幸せになって欲しいんですよね・・^^

夜を歩く士 10話

ヤンソンの義母はチョセンがヤンソンの父の法事をしていたお寺に来て、住職にこれからも
チョセンがお願いした法事をして欲しいと頼む
そこで住職が口を滑らせヤンソンが夫の子供ではなく、ソ・ジョンドの娘だと知り驚く、義母


ヤンソンは子供の頃吸血鬼になった父に襲われる夢を見てうなされる
心配する妹に父を守れなかったことを謝るヤンソン
ソンヨルが今日済州島に行かせてくれる、自分たちだけで暮らそうと言う妹の言葉に驚くヤンソン


ソンヨルは世孫が未だにクィを倒そうという意志を持っているのか、確かめるために
備忘録を持って世孫を訪ねるという、そんなソンヨルを心配するホジン
世孫もクィを倒す秘策のひとりだからだ
ホジンはヤンソンが今日発つのに顔も見ずに行くのか?とソンヨルに訪ねるが・・・
ソンヨルはヤンソンが無事に発てるよう面倒をみてやって欲しいと言う

夜を歩く士 10話

ヤンソンはソンヨルの部屋の前でソンヨルを待っていたが、ホジンがソンヨルは早くに出かけた
無事に発てるよう面倒みるように言われたと伝えるが、ソンヨルに会いたいヤンソン
地方に行かれたので会うのは難しいと、船に乗るためせかされ・・・
ヤンソンが行った後、ソンヨルは部屋から出てくる・・


ヤンソンの義母はスヒャンにチョセンが法事をしていた人は偉い人なのか?と訪ねる
サドン世子の側近で成均館の博士で10年前に世子邸下が亡くなった時
一緒に逆謀の罪でと亡くなったと正直に答えるスヒャン
すると「父親が逆謀の罪人なら子供も罪人なのでしょう?」泣く義母
済州島に発つ準備をしているとそこに義母が来て「お母さん」とヤンソンが呼ぶと、いきなり叩かれ
血も繋がっていないのにどうしてお母さんと呼ぶのか、タミの父を殺しておいて、今度は誰を
殺すの?とヤンソンを責める義母
そして二度と顔を見たくない!この子と一緒に行かなければならないのなら行かないと
慌てたホジンはなだめるが、義母はヤンソンの素性を明かす
あなたの父はソ・ジョンドという両班です。逆謀の罪人の子と関わったらまたどんな目に合うか
お願いだからどこかに行って!

義母の言葉を聞き、ショックでぼう然自失のヤンソン


夜を歩く士 10話

世孫が一人でいると急に風が吹きロウソクが消え、目の間に備忘録が置かれた
周りを見回し・・・・「姿を現しなさい
すると・・・目の前にソンヨルが立っていた
正体は何だ?人ではないのであろう?
さようです、私は吸血鬼です。120年前、チョン・ヒョン世子の友として吸血鬼になった
キム・ソンヨルと申します。
10年前、世孫邸下の父上のサドン世子からクィを倒す秘策は人だと聞きました
そして少し前にこの備忘録を手に入れました


備忘録をチラッと見て
私を訪ねて来て、この備忘録を見せた理由は何だ?
世孫邸下の意志を確認するためです
すると、手も触れていないのに秘策の書かれてるページが開く
モゲ、守護クィ、そして王才の意志がまさしく、クィを倒す秘策です
世孫が備忘録を触ろうとすると備忘録は一瞬でソンヨルの手に戻る
クィを倒す意志がおありなら、華陽郭においで下さい。その時、この備忘録をお渡しします
その時、主上殿下が呼んでいるという声が聞こえ、気を取られた一瞬の間に
ソンヨルの姿は消えてていた


夜を歩く士 10話

ソンヨルの元にホジンが慌てて走ってきて早く帰って来て欲しいという
スヒャンは今出なければ船が出てしまうと急かす
すると、ヤンソンは自分は行かないので母とタミだけお願いしたいと
スヒャンがここにいればまた、官奴婢にされるやもと、一緒に発つようにと促すが・・・
妹のタミは泣きながら一緒に行こうと引き止めるが、ヤンソンはひとりで出て行く
チョセンの実子ではないと突然告げられ、その衝撃で気が抜けたように
森の中をふらふらと歩くヤンソン


ソンヨルが到着した時にはすでにヤンソンの姿はなく
どうなってるのだ?」と尋ねる
ヤンソンだけを置いて発ちました。ヤンソンは実の子ではないそうです
あの子が旦那さまが助けたソ・ジョンドの子だそうです
」と報告するスヒャン
ソンヨルの反応を見てスヒャンはソンヨルが知っていたと知る
ヤンソンは何処にいるのだ?
分かりません。探していません
ソンヨルは急いでヤンソンを探しに出る
その後ろ姿を悔しそうに見つめるスヒャン


主上は新しい宮を建てていた
ここがクィと戦う本拠地になる、自分のやり方でクィと戦うという
世孫は備忘録の秘策が無くてもクィを倒せるのか?と尋ねると、王は志さえあれば方法は探せる
もう備忘録の事は忘れろと言う



夜を歩く士 10話

世孫が淫乱書生だと父が言った、世孫が王になれるのかとヘリョンはクィに尋ねる
事実なら王には出来ない、自分を殺そうとしたものを許し王には出来ないと
不安そうに見えるのは何故だ?今から世孫を心配しているのか?」と尋ねるクィ
ヘリョンは世孫が王になろうとなれまいと関係ない、
王の隣の席が自分のものでさえあれば良いと・・
父は出世の為に娘をクィに差し出し、そのため母は正気を失った
長い年月を耐え抜いて考え出した答えは父より高い地位に付くこと
自分と母を誰も手だし出来ないような力を持とう、それが王の女にならねばならない理由だと

クィはヘリョンのように賢い女が中殿になれば心配事もなくなると言う
そしてヘリョンを見ているとある女性を思い出すと話し始めたクィ
その女人もそなたのように賢く野望も大きかった
好きだった。人と恋情を分かち合ったのは初めてだった

その女人はどうなったのですか?」ヘリョンは尋ねる
するとクィは「私が殺してしまった。私も仕方がなかったのだ
私に黙って子供を産んだからだ
昔から吸血鬼と人間の間に生まれた子は吸血鬼を殺すという話があった

子供はどうなったのですか?」尋ねるヘリョン
すでに死んだであろう。200年以上も前の事だ」切なそうに女性の絵を見るクィ



夜を歩く士 10話

ヤンソンは森の中を彷徨い歩きながら、以前済州島に行った時の話をしながら
家族みんなで冗談を言いながら楽しく幸せに過ごした日を思い出し、涙を流すヤンソン
ソンヨルはヤンソンを必死に探し走り回っていると、手首から出血し、ふらつく
それでも吸血鬼の能力を使ってヤンソンを探すソンヨル
ヤンソンは断崖絶壁の上に立っていた
父の死、義母に言われた事・・・死のうとして目を閉じ、足を踏み出す・・
その時ソンヨルがヤンソンの手を掴む

夜を歩く士 10話
やっぱり・・・ソンヨルが間に合いましたね^^ ソンヨルはヤンソンのHEROです^^



つづく・・・・


ヤンソンの為に大量の血を流して助けたソンヨル
一緒になれない運命ですが・・悲しすぎますね
ヤンソンもいきなり父を失い、実の子ではなかったという事も分かり
それでもソンヨルがそばにいてくれれば乗り越えられると思いますが
以前の快活なヤンソンに戻って欲しいです

ヤンソンの事になると回りが見えなくなるソンヨル・・・
いつかスヒャンが愛情の裏返しで憎しみに変わりそうで・・いつか裏切りそうで怖い
世孫はソンヨルを華陽郭に訪ねて来るでしょうか?
主上の意向に沿うのでしょうか?気になります

そして・・・もう一つ新事実が・・・・クィに人間との間に子供がいた・・・驚きましたね!!
クィの子供が吸血鬼を殺す・・・ということは、秘策の一つモゲがこの子??
いつもの当たらない推理ですので気にしないで下さいね^^
私の戯言ですので( ̄▽ ̄;)

読みにくいあらすじを最後までお読みいただきありがとうございますm(_ _)m


いつもたくさんの応援ポチや拍手を頂きありがとうござました。感謝です
読まれましたら応援ポチして下さるととっても嬉しいです。更新の励みになります
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

ランキングに参加してます上
クリックジュセヨ~~音符
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。