上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かなり長いですが・・・面白そうな記事を見つけました。
頑張って訳しましたので最後まで読んで頂けたら嬉しいです

史劇好きな私としては史劇と言えば・・・・・納得の三人ですね


イ・ジュンギ、ユ・アイン、チャン・ヒョク代替不可の新時代劇本座、3人組

イ・ジュンギ、ユ・アイン、チャンヒョク


この夏の夜を涼しくさせてくれた「夜を歩く士」をはじめ「六龍が飛ぶ」「商売の神-客主2015」
などブラウン管には風変わりな史劇ブームが起きている。
このようなファクション史劇は興味深い歴史的な話を元に無限の想像力を動員して面白味と
感動を届けている。



これに史劇のブームを率いる新時代劇本座3人組のイ・ジュンギユ・アインチャン・ヒョク
活躍が視聴者たちの関心を集めている。



ユ・アインはSBS「六龍が飛ぶ」でイ・バンウォン役でチャン・ヒョクはKBS2「商売の神-客主2015」
で行商人チョン・ボンサム役に扮して猛活躍中である。
また、イ・ジュンギはこの8月に放送終了したMBC'「夜を歩く士」でヴァンパイア学者キム・ソンヨル
に扮し注目を集めた。



イ・ジュンギ、ファンタジー史劇の独歩的存在

MBC水・木ミニシリーズファンタジーメロ「夜を歩く士」(チャン・ヒョンジュ、リュ・ヨンジェ脚本、
イ・ソンジュン演出、コンテンツK製作、以下『夜ソンビ』)は甘いときめきとぞっとするスリルまで
もたらし大きな話題を集めた「夜を歩く士」が有終の美を収めてこの8月に放送終了した。


「ヴァンパイア学者」という興味深い設定としっかりした原作で放送前から大きな関心を一身に
受けて来た「夜を歩く士」は視聴者たちが自発的に2次コンテンツを流しオンラインの話題性を
誘発した。


イ・ジュンギ 夜を歩く士


「ヴァンパイア学者」を導いたイ・ジュンギは勢いに乗った演技力で今、漫画を破って出て来た
ような完璧なシンクロ率を誇り、ファンタジー史劇で独歩的な存在であることを再立証した。



イ・ジュンギはヴァンパイア学者というキャラクターと驚くべきシンクロ率を誇り、美しい俳優
であることを改めて立証した。
また、「イ・ジュンギ=キム・ソンヨル」という公式を成立させた。



「夜ソンビ」1話で婚礼を控えて突然ヴァンパイアになったソンヨルの混乱した状況を定まらない
視線と表情で表現して鳥肌が立つようにすると愛する人たちを失って全身で吐き出し泣くことで
視聴者たちを一瞬に胸を詰まらせた。



また、イ・ジュンギは甘くてみずみずしいロマンス、切ない感情が爆発するメロをはじめ流麗な
動きが引き立って見えるアクションまでジャンルを問わず限界のない狂った演技力を放った。



そうかと思えば、甘い目つきと声で女心を魅了するかと思えば、驚くべき身体活用度を
見せながら1人3役の自我分裂シーンを完璧に消化して見る人々を戦慄させた。





ユ・アインと書いてブランド俳優と呼ぶ

勢いのある俳優ユ・アインはSBS創立25周年特別企画「六龍が飛ぶ」(シナリオキム・ヨンヒョン
パク・サンヨン、演出シン・ギョンス)で後日朝鮮の鉄血君主になるイ・バンウォン役を引き受けた。


六龍が飛ぶ」は高麗というに対抗して立ち上がった六龍の痛快な成功ストーリーを扱った
フィクション史劇だ。
チョン・ホジン(イ・ソンゲ)、チョン・ドジョン(キム・ミョンミン)、イバウォン(ユ・アイン)など実在の
人物3人とフニ(シン・セギョン)、イ・バンジ(ビョン・ヨハン)、ムヒュル(ユン・ギュンサン)などの
仮想人物3人が実際と仮想を超えて興味深い話を導く。


この13日に放送された4話分で成人のイ・バンウォンの姿で現れ、ユ・アインが体を伸ばした。
彼は朝鮮建国を導く新しい龍の姿を予告し、強烈な印象で初登場した。
この日の放送で成人になったイ・バンウォン(ユ・アイン)は時代を嘆く悲しい眼光を放ち
強烈な印象を残した。


ユ・アイン 六龍が飛ぶ


特にこの日、成人になったイ・バンジ(ピョン・ンヨハン)と会って今後の二人の縁が深いことを
示唆した。


この過程でユ・アインはカリスマ溢れる目つきを隠して時代の痛みを秘めた深い感情演技で短い
登場に関わらず深い印象を残しながら今後の展開に対する期待感を集めた。



最近製作陣とのインタビューでユ・アインは自分が描くイ・バンウォンについて

今まで私が演じた人物の中最も立体的ではないかと思う。 善悪が共存するのにあるひとつが
際立っているのではなく権力の中で、ひいては何が善なのか悪なのか質問を投げる人物だ

と明らかにした。


さらにユ・アインは
いたずらっ子のようだが君主としての気質を見せたりもしている。 多様な
姿のイ・バンウォンをお見せしたい
と付け加えた。


またユ・アインは50部作の大長征を共に見守ってくれる視聴者たちに向かって

長い旅程だが大いなる関心と期待お願いする。 私もイ・バンウォンとして、最善を尽くして
視聴者と向き合うよう努力する
と抱負を明らかにした。



一方、SBS創立25周年特別企画「六龍が飛ぶ」は朝鮮の土台を作った鉄血君主イ・バンウォン
を中心とした六人の人物の野望と成功ストーリーを紹介したフィクション史劇だ。
三番目の龍イ・バンウォンの活躍が繰り広げられる「六龍が飛ぶ」は毎週月・火の午後放送
される。





チャン・ヒョク、代替不可存在感証明


KBS2「売の神-客主の2015」チャン・ヒョクが70分を埋め尽くした代替不可の存在感を発散して
史劇の本座の演技経験値を如実に証明した。


この7日に放送されたKBS特別企画ドラマ「商売の神-客主の2015」(シナリオ;チョン・ソンヒ
イ・ハンホ、演出:キム・ジョンソン、製作;SM C&C)5話ではチョン・ボンサム(チャン・ヒョク)が
父チョン・オス(キム・スンス)に対する誤解を解いて、松坡馬屋で商道を学びながら新しい第2の
人生をスタートする姿が入れられた。


チャン・ヒョク 商売の神-客主の2015


この日の放送でチャン・ヒョクはドンモンチョンでのけものにされて育ったいたずらっ子の姿を
脱いで天賦的な商才を持ったチョン・ボンサムに180度変身、お茶の間を圧倒する演技力を
放った。
会いたい父親に対する懐かしさに嗚咽を放つかと思えば、望みのものを得ようとするがめつさ
真剣に努力する姿まで多様なチョン・ボンサムの面々を繰り広げ視聴者たちを集中させた。


また、チャン・ヒョクは荒い男らしい姿と共に心の中の炎を抱いて生きている朝鮮最高の
傾国の美人彫塑士役のハン・チェアとの映画のようなロマンスを広げ、また別の姿をプレゼント
した。
チャン・ヒョクとハン・チェアは初めて見た瞬間から一瞬も忘れられないほどお互いを恋慕する
ことになる二人の切ない状況が嵐のように吹き荒れており今後の展開に対する期待感を高めた。


一方、「商売の神-客主の2015」は閉門した「チョン家客主」の後継者チョン・ボンサムが市場の
客引きで始めて商団のヘンスと大客主を経てついに巨商で成功した話を描いた作品だ。
1979年から計1465回にかけてソウル新聞に連載されたキム・ジュヨンの歴史小説「客主」を
原作に朝鮮後期の行商人たちの波乱万丈な人生を鮮やかに描き出している。



史劇は全年齢層でまんべんなく勢いを見せているドラマ。
その ために興行不敗カードという言葉が出るほどだ。
演技力は勿論人気まで備えた彼らの史劇本座3人の猛活躍にテレビドラマの視聴者たちは
TVを見る目がかなり良くなっている。

sroucenewsway.

長かったですね

본좌(本座)とは・・・・とても優れている人、1番、No1

ジュンギくんは勿論ですが、ユ・アイン、チャン・ヒョクさん・・・ヨクシ(やっぱり!!)です
皆さん、史劇に出演されてる時の放つオーラがハンパじゃないです(´艸`)
三人とも好きな俳優さんですね。
ユ・アインさんの視聴率は振るわなかったけど「チャン・オクチョン」の王様役・・素敵でした。
オーラバリバリでしたね^^
チャン・ヒョクさんはやっぱり・・・何をおいても凄い!!!代替え不可ですね。

勿論、ジュンギくんも代替え不可・・・韓国史劇界の宝だと私は思ってます
太刀の巧みさ、所作の美しさ・・・何しろ韓服とカッ(笠)がとても良く似合います。
そしてアクションと言えば・・イ・ジュンギ
アクションのみならず感情演技、抜群です
終わってまだ少ししか経ってないけど・・・ソンヨルさまが恋しいわ

ハリウッド映画「バイオハザード」の撮影ふぁいてぃん


いつもたくさんの応援ポチや拍手を頂きありがとうござました。感謝です
読まれましたら応援ポチして下さるととっても嬉しいです。更新の励みになります
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

ランキングに参加してます上
クリックジュセヨ~~音符
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。