上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「王の男」封切り10周年ですね。おめでとう

「王の男」10周年の記事が3つ上がってます。
順番に紹介しますね


「王の男 10周年」イ・ジュンイク監督「イ・ジュンギと一緒に出来て幸運だった」①

王の男 イ・ジュンイク監督

イ・ジュンギは上手くいくしかない俳優でした。一緒に出来て私が幸運でした


イ・ジュンイク監督の映画「王の男」が今年封切り10周年を迎えた。
12日午後ソウル麻浦区上岩洞に位置した韓国映像資料院ではこれと関連して行事を開催する。
イ監督も席を輝かせる。



イ監督は11日午後イーデイリースターinと電話で

もう10周年なんて感無量ですと話し映画も久しぶりに見るだろうし、(イ)ジュンギとも10年ぶり
にきちんと会って話も交わすことが出来そうなので嬉しいです
と話した。



「王の男」はイ監督とイ・ジュンイク両方に重要な意味になった作品だ。
1千万観客を突破して今後、興行監督と俳優としての地位を固めるために大きな力になった。
大衆性に作品性まで認められた秀作という評価を得て演出と演技の内的充実まで獲得した。




イ監督は

ジュンギは元々上手く行くほかない俳優であり、私が彼と『王の男』という作品で運良く
会うことになったのでしょう
と言い私が幸運児だったと思っていますと笑った。




イ・ジュンギは最近「王の男」10周年を控えてイ監督に連絡して胸がいっぱいな安否を伝える
こともした。
イ監督は、そのようなイ・ジュンギにむしろ有難いという感情を伝えた。

普段お互いに忙しく、まともに会う時間もなく、以前ちょっと会ったのが全てだったが、その間
上手くいった姿を見守りながら本当に幸せだった
と言うイ監督の真心がイ・ジュンギにも通じた
ように見える。




イ監督は

事実10周年に時期上、より特別に感じられるのであって、これまでジュンギのファンたちのお陰
で1周年から9周年まで開催することが出来た
と言いながらその間ジュンギも素敵な俳優に成長
してくれて、今は全国各地を超えて海外からもファンたちが来て祝ってくれるのでより感謝します

と付け加えた。




イ監督はこの9月に封切られ600万観客を突破した映画「思悼」で忙しい時間を過ごした。
今月の初めにはエストニアで開かれた第19回タリン映画祭で「思悼」で最優秀作品賞を
獲得した。
賞金として貰った万600ドル(韓貨で約1230万ウォン)を映画祭主催側に寄付して映画界の
模範になった。


現在、イ監督は来年2月封切り予定である映画「ドンジュ」後半作業に集中している。

soruce:edaily

上映会で会えたかしら???
賞金を全て寄付する・・・素晴らしいですね。
「思悼」これは見てみたいです
記事が上がってくると嬉しいですが・・・・



いつも応援ポチや拍手を下さる皆さま、ありがとうござました。感謝です
読まれましたら応援ポチして下さるととっても嬉しいです。更新の励みになります
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

ランキングに参加してます上
クリックジュセヨ~~音符
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。