上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の「王の男」10周年の記事が上がって来てましたのでご紹介しますね


イ・ジュンギ、イ・ジュンイク監督と再会『王の男』が僕を作ってくれた」


イ・ジュンギ 王の男 10周年


俳優イ・ジュンギがイ・ジュンイク監督と特別な思い出を分かち合った。



イ・ジュンギはこの12日午後、映画「王の男」封切り10周年記念上映会に参加した。
この場では映画「王の男」を演出するイ・ジュンイク監督と共に10年の間映画を忘れないで
愛してくれた観客たちに報いた。



この日のイベントでは映画の上映だけでなく「王の男」のファンカフェが準備した10周年記念
ケーキカット、メイキング映像の上映、プレゼント抽選など多彩なイベントも共に行われた。
また、イ・ジュンギはファンカフェのイベントだけでなく韓国映像資料院で行われた映画「王の男」
のGV(観客との対話)にも相次いで参加して席を輝かせた。



控え室では久しぶりに会ったイ・ジュンギとイ・ジョンイク監督が10年前のポスターとメイキング
映像などを見ながら当時の思い出を回想し、対話を交わしながら認証写真を撮るなど
和気あいあいとした雰囲気が続いた。
久しぶりに会って嬉しがる二人の姿は見る人たちを温かくしたという。



イ・ジュンギはこの席で

真に感無量だ。10年前『王の男』を撮影して封切りする時が思い出される。何も分からない頃
イ・ジュンイク監督が一から十まで全て教えて下さった。『王の男』は今の私を作ってくれた本当に
大切な作品だ
と話し10年の間『王の男』を覚えていて下さり愛して下さる観客の方々がいると
いうことがあまりにも感動的で本当に感謝している。その時のときめきを生涯記憶し良い俳優生活
で報いる
と映画「王の男」の封切り10周年を迎え所管を伝えた。



「王の男」は時代劇としては国内で初めて1千万人を超える観客数を記録するなど大きな
人気を呼んだ作品である。
当時、新人だったイ・ジュンギはこの作品でコンギル役を演じ完璧に消化し、シンドローム
を起こしながらスターダムに上がり、俳優として認められ始めた。



一方、イ・ジュンイク監督は今年、映画「思悼」で第19回タリン映画際で最優秀作品賞を授賞し
来年2月に映画「ドンジュ」の封切りを控えているなど活発な歩みを続けている。



イ・ジュンギも今年MBCドラマ「夜を歩く士」で男性主人公のキム・ソンヨル役を引き受け熱演を
繰り広げ、最近、映画「バイオハザード6」に特別出演した事実が知られ大きな話題を集めた。
現在は休息を取りながら、国内の次期作を検討中である。

source:sbs

ジュンギくんのコメントはいつも素晴らしいですね
今や韓国映画界も1千万を超える動員数の映画が増えて来てますね。
いつの間にか・・・堂々の一位だった「王の男」が調べてみたら今では11位だそうです
10年の歳月は凄いですね。それだけ良い作品がたくさん作られているという事ですが
また、そのような素晴らしい映画に是非出演して欲しいです。

ちなみに・・・韓国映画歴代観客動員数ランキングを調べて見ました(2015年現在)

1位 鳴梁(ミョンラン)・・・・(観客動員数 17,614,679人)
2位 国際市場で逢いましょう ・・・・(観客動員数 14,260,139人)
3位 ベテラン・・・・(観客動員数 13,122,424人 )
4位 10人の泥棒たち・・・・(観客動員数 12,983,341人)
5位 7番房の奇跡・・・・ (観客動員数 12,811,213人)
6位 暗殺・・・・(観客動員数 12,695,098人)
7位 王になった男・・・・(観客動員数 12,323,555人)
8位 弁護人・・・・(観客動員数 11,374,861人)
9位 ツナミ・・・・(観客動員数 11,324,433人)
10位 グエムル・・・・(観客動員数 10,917,221人)
11位 王の男・・・・(観客動員数 10,513,715人)
naver参照

いつも応援ポチや拍手を下さる皆さま、ありがとうござました。感謝です
読まれましたら応援ポチして下さるととっても嬉しいです。更新の励みになります
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

ランキングに参加してます上
クリックジュセヨ~~音符
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。