上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャン・ヒョクさん?「輝いたり、狂ったり」で同じワン・ソ役を演じましたね

 「歩歩驚心:麗」イ・ジュンギ、チャン・ヒョクと演技対決「タイマン」 

イ・ジュンギ チャン・ヒョク



俳優イ・ジュンギがドラマ「歩歩驚心:麗」を介してチャン・ヒョクと演技対決をすることになった。



「歩歩驚心:麗」イ・ジュンギが引き受けた役割が高麗4代皇帝になるワン・ソ役だからである。
劇中のワン・ソは「犬オオカミ」という異名を持つ高麗太祖王建の4番目の皇子だ。



昨年放送されたMBCドラマ「輝いたり、狂ったり」で、チャン・ヒョクが引き受けた役割もワン・ソだった。
二つのドラマが全て高麗初期を背景に実在の人物であるワン・ソを男性主人公に掲げながら
イ・ジュンギとチャン・ヒョクの間接的な演技対決が実現した。



二つのドラマは全て仮想の設定が入っている。
「輝いたり、狂ったり」はワン・ソと渤海の最後の公主である青海商団の実力者シン・ユルの
ロマンスを扱っている反面「歩歩驚心:麗」でワン・ソのロマンスの相手は高麗時代に魂が
タイムスリップした現代21世紀のたくましい女性だ。
この女性の魂が体に入った高麗女性であるヘスが女性主人公だ。



しかし、ワン・ソが実在の人物であるため二つのドラマのキャラクター上の類似点は明確にある。
「輝いたり、狂ったり」のワン・ソは高麗を血の海にするだろうという予言で「呪われた皇子」という
レッテルが貼られていた人物として描写された。
宮殿から追い出され、金剛山で育ち、自分が王子という身分を知られておらず紆余曲折を経験した。
「歩歩驚心:麗」でワン・ソは冷たい仮面の中に自分を閉じ込めたまま生きて行く人物として予告
されている。



チャン・ヒョクは「推奴」「根深い木」など「輝いたり、狂ったり」以前にもすでに時代劇の演技力に
定評があった。
イ・ジュンギもスターダムにのし上がった作品が時代劇であり「1千万映画」である「王の男」だった。
ドラマでも「一枝梅」と「朝鮮ガンマン」、最近「夜を歩く士」まで時代劇を経験した。
「ワン・ソ」という人物を巡ってイ・ジュンギが披露する演技、先立ってチャン・ヒョクとの比較を
介した演技対決が期待を集めている理由だ。



「歩歩驚心:麗」でカン・ハヌルが演じるワン・ウク、ホン・ジョンヒョンが引き受けたワン・ヨは
「輝いたり、狂ったり」でそれぞれイム・ジュファンとリュ・スンスが引き受けた役割でもある。



「歩歩驚心:麗」は中国の小説を原作に製作される国内初のドラマだ。
原作である「歩歩驚心は中国でもドラマで作られ大ヒットした。
一歩一歩慎重にという意味の「歩歩驚心と高麗時代という時代的背景の特徴を結合して最終
のタイトルに決定した「歩歩驚心:麗は実際の歴史を基に現代的な視線の想像力を結合して
興味深く豊かな物語として誕生する。
100%に事前制作ドラマで下半期編成が議論中だ。

soruce:edaily

チャン・ヒョクさんの演じたワン・ソ役のドラマ「輝いたり、狂ったり」とっても面白かったです。
チャン・ヒョクさんは誰もが認める演技派俳優さんですもの。^^
ジュンギくんはどんなクールなワン・ソを演じてくれるのでしょうか?とっても楽しみです。
ツンデレ役が上手いですよね
「アラン使道伝」が抜けてますよね(`ヘ´) ぷんぷん


いつも応援ポチや拍手を下さる皆さま、ありがとうござました。感謝です
読まれましたら応援ポチして下さるととっても嬉しいです。更新の励みになります
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

ランキングに参加してます上
クリックジュセヨ~~音符
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。