上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジュンギくんのコラム第二段です。
長い文なのでまた2回に分けて紹介しますね。ご了承下さい。
なるべく丁寧に訳したつもりです
私なりの訳なので間違いも多々あると思いますが笑って許してね
昨日は韓国語もいれてたんですが読みにくいので削除しました_(_^_)_
読んで頂けたら嬉しいです





[スターコラム-イ・ジュンギ] 2部. ジュンギが変身を繰り返す理由

イ・ジュンギ


去る2005年女よりも綺麗な外見で1千万を越える観客を魅了した俳優がいた、
まさに俳優イ・ジュンギだ。
鋭い目もとにきれいなフェイスラインをした彼の魅力はクロス セクシャル熱風を起こし
彼を一躍スターダムに押し上げた。


朝鮮王の心を魅惑し女性ファンはもちろん多くの男性たちの心まで盗んだので、以後
全国に突然「ザクロブーム」を巻き起こした彼の新人時代が気になる。


何が彼をこのように切実にさせたのだろうか。
事によると凄絶なまでの7年前の『王の男イ・ジュンギの過去。
今から暴き出してみよう。 //編集者 注.




こんにちは~イ・ジュンギです。
もう皆さんと出会いを持つのは2度目になりますね。
まず1編に送って下さった激励と応援、物凄く感謝致してますし、
お決まりの返事かもしれませんが皆さんの苦言も甘んじて受け入れより一層熱心に努力する
俳優イ・ジュンギになります。 ^^



今からは今日の私をこの場に立てるようにしてくれた『王の男』の話と演技について話を
してみようかと思います。
私を熱烈に(?) 大切にして下さる方々はご存知かも知れませんが、私の話を通じて
今後も『王の男』が動員した観客数よりもっと多くの方々が私を知って頂けるよう願って
その時の話をゆっくり解いてみようかと思います。
それでは今から『王の男』イ・ジュンギ、始めます。




#2005年 12月29日

2005年12月29日、私がどうしてこの日を忘れることが出来るでしょうか?
恐らく一生記憶に残る日になると思います。
この日はすぐに映画‘王の男’開封日です。
大韓民国の国民の5分の1は見て下さった1230万人の観客を動員したその映画、まさにあの
イ・ジュンギを作ってくれた映画でしょう。



照れ臭いが『王の男』のお陰で私も「1千万俳優」というニックネームをこっそりと
付けることが出来ました。
この前『王の男』が7周年を迎えファンたちと一緒に大学路でファン ミーティングを
行いましたね。



先立って1部で明かしたように普段と変わりなくファンたちと一緒にするという考えに
浮かれ公演リハーサルに大粒の汗を流していました。
そこで信じられない!! ちょうど大学路を通ってファン ミーティングのポスターを見た
ユ・ヘジン先輩がリハーサル現場にびっくり訪問して下さいました。
「あ! ただ通りかかったから寄ってみた」とおっしゃって下さったその時のその気持ちと言うのは!
完全に感動しました、先輩。



それご存知でしょう?
先輩が訪問したその日が『王の男』の7周年記念日でした。
ユ・ヘジン先輩! お陰で尚更忘れることの出来ない一日になったようです。



新人だった私を導いてくれた『王の男』
切実なまでに全てを投じた作品が多くの方々に愛されたこと自体が大きな光栄であり
私を動かす原動力でした。
私がどのようにして『王の男』になれたのか知りたくないですか?



イ・ジュンギ 王の男


#覇気と情熱、それだけが全てだと思った


私イ・ジュンギはなまり演技の出来る俳優だ。
演技者になるという一念の下に釜山で高校の卒業式を終えて計画もなしに上京した。
頑として上京して来たので何でお金があるだろうか。
演技者どころか今すぐ飢え死にするまでの状況に至った。
結局、新村の近隣でアルバイトをしながら寝食を解決した。



覇気と情熱だけが満ちていた私の子供時代にはソウルにさえ上京すれば
すぐに俳優でデビュー出来ると思っていた。
とりあえず演技学院に登録しようと訪ねたが、あきれた!
課外より高い受講料に思わず引き返してしまった。



どうするのか。
登録さえ大変だった演技学院は夢のような話に感じて、変わりない先生
テレビと一緒に演技練習をしてなまりを直したあの時を思い出す。
ソウルの人のように見られようとなまりを直すため物凄く大変だった。



出し抜けな話だが、その時テレビを見ながら煮て食べたラーメンが
本当に美味しかったという気がした。
そういえば、近ごろも私が最も得意な料理の1位はまさにラーメンだ。
彼女が出来れば魂を込めてコシが生きている麺で素晴らしいラーメンを煮てあげたい! ^^



しばらく話が他に逸れたが、ラーメンを食べて得た力に加え何の基盤もなかった私が生き残れる
方法は演技しかないと思い更に集中してしがみついた。



時には「ご飯を食べることより演技が好きならどうすれば良いだろうか」
と考えるほど演技に狂っていた過ぎし日が蘇った。



#切実さにバク転まで...

そのように過ごした私にいよいよ『王の男』のオーディションを受けられるチャンス
が与えられた。
今とは違うが、あの時はオーディションを受けるチャンスだけ与えられてもひたすら
震えてときめいて幸せだった。



初めから演技が上手い俳優がどれほどいるだろうか?
「練習だけが生きる道」という模範的な文句だけを思い浮かべ『王の男』のオーディション
のために3日夜通し明かしながら準備した記憶がまだ鮮やかだ。



天が助けてくれたのか、最後にわずか4人だけが上がりオーディションの一つの席を
自分のものにすることが出来た。
オーディション会場で演技それ以上を見せるためどんなに集中していたか...
結局私はその日、監督の前でバク転まで披露した。



「通じたのである」が私のセリフではないが、とにかくその姿がきれいに見えたのか私は
『王の男』のコン・ギルになった。



苦労の末訪れた選択のチャンスを得て、最後かも知れないという思いでその瞬間を
逃さず「俳優」という言葉を聞くため熾烈に撮影した。



女より美しい男が繰り広げる手の動きと踊りは本当に表現するのが難しかった。
そのうえ『王の男』の全出演者の中で年齢が一番幼いため負担も大きかった。
しかし不足しているだけに学ぶ点も多いと思ったし、先輩たちとの演技呼吸は私の視野を
広げてくれた。



余談ですが『王の男』は今後破りにくい記録を一つ残した。
まさに封切り前、国内ポータルサイトの検索語に10日間1位にランクされたという事実だ。



『王の男』と共に出来たことは本当に王に選ばれたのと同じくらいぴりっとして幸せな
もう一度感じてみたい瞬間だ。



イ・ジュンギ


#私はいつ頃リポーターの横に...


突然敬語からぞんざい語になって驚いたでしょう?
それほどその時、私は切迫してたんです。
当時切迫することを表現したくて字体を変たんです。フフ
真剣な雰囲気はもうそれ位にして!
再び普段の自分の姿に戻りました。 ^^



『王の男』の封切りを控えていよいよ初めて某放送局のインタビューを行いました。
カム・ウソン先輩、チョン・ジニョン先輩、カン・ソンヨン先輩...
そして一番末席に私が座っていました。
40分のインタビューの間先輩たちにされる質問と答を聞いて初放送のインタビューを
経験しましたよ。



それにあるメディアにつき私に与えられる質問は多ければ2つ、少なければ1つ位でした。
あまり知られていない新人俳優だったので
「私に質問が与えられれば誠実に、熱心に答えよう!」と誓い緊張の紐をギュッと締めながら
「リポーターの隣の席にいつ頃座れるのか?」と思ったんです。



その問いは奇跡的に2週間しかかからなかったのです。
翌年1月『王の男』は嵐のように観客を集め一夜にして新聞1面を飾った上にお陰で
私にも嘘のように数多くのインタビューが殺到して来ました。



「私1人のためのインタビュー時間だって...」


放送局で私1人のためのインタビューの時間を割り当ててくれ、私のために準備した質問を
してくれた時、とても胸がいっぱいでした。
まるで下りたくないスカイラウンジに座っているような気持ちというか?
しかし、忙しいスケジュールの中、逃したものも多くなりました。
周辺の知人たちに対し疎遠になったようで未だに本当にごめんなさい。
当時は本当におかしくなってました!
それで多くの知人があれこれ言いましたよ。
今や当時の気持ちを汲み取れるようです。
もう一度言います。「申し訳ありません!!!」



私の心、理解して頂けますか? 7年ぶりにお詫びを送りますね(リンゴを送りますね」


☆사과 謝罪とリンゴをひっかけてるのね

続く・・・・
また続きも読んで頂けたら嬉しいです。

正直なジュンギくんの気持ちが書かれてて・・・
『王の男』観客動員数では今、3位です。
今年公開されたイ・ビョンホンさんの映画「王になった男」追い抜かれるって思ってドキドキ
しちゃったけど3位の座を守りました。
そ~考えると淒い記録なんですね。

ユ・ヘジンさん、王の男で同じ大道芸人の役でジュンギくんと共演しましたね。
嬉しいですよね

ユ・ヘジン



にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

ランキングに参加してます上
クリックジュセヨ~~音符


Yahoo!ブックマークに登録
Secret

TrackBackURL
→http://koreandays.blog85.fc2.com/tb.php/788-a0425a94
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。