上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日のニュース・・・気になってたんだけど疲れちゃって・・・今日になりました。
今頃・・ジュンギくん北京で大盛り上がりでしょうね。
羨ましい

イ・ジュンギ 北京



「歌手」イ・ジュンギ、ソテジスタイルで帰って来る

29日ニューアルバム発表..ソテジバンドキム・ソクジュン プロディース

イ・ジュンギ


俳優兼歌手イ・ジュンギが来る29日ニューアルバムを発表する。
破格な変身が期待される。
いわゆるソテジ スタイルで彼が帰ってくる。



イ・ジュンギのある側近は25日イーデイリースターにこのように明らかにし
国内の歌謡界に新鮮なセンセーション(sensation)を起こすだろう
と自信を持った。
アルバム タイトルは「ケースバイケース(CBC)」だ。
何か一つのことに固執するのではなく色々なパターンを楽しみたいという意味だ。
何でも挑戦したいイ・ジュンギの気持ちを込めた




これまでバラードやダンス曲を主に歌って来たイ・ジュンギは今回のアルバムで強烈な
ロック サウンドとエレクトロニックを融合させた。
歌い方もパッと変えた。
音色は荒くてハスキーになった。
ダンスも踊る。
普段ソテジの大ファンとして知られているイ・ジュンギが一番やってみたかった音楽を
試みたと側近は説明した。



この側近は「虚言ではない」と豪語した。
「Ooparts」キム・ソクジュンがアルバムのプロデューサーに出てイ・ジュンギ印の
ソテジ スタイルを完成させた。
キム・ソクジュンは去る2002年からソテジの正規8集までソテジバンドのキーボーディスト
であり編曲などに参加した。
彼は2005年映画「トランスフォーマー」1編の製作企画の段階で音楽スーパーバイザーに
オファーを受けた。
マッドソウル チャイルドのイ・サンヨルとパク・クンチョルなど多数の実力派ミュージシャン
も力を添えた。



タイトル曲は「ロースト フレーム(Lost Frame)」だ。
豊かなメロディのシンセサイザーと叙情的なそのギターリフ、爆発的なドラムビート
が印象的な曲だ。
イ・ジュンギの攻撃的なラップとデスメタルな声が光る。


トゥナイト(Tonight)」という曲も注目に値する。
一目惚れした愛が叶うように願う気持ちを込めた暖かいラブソングだ。
この曲はイ・ジュンギが作詞に参加した。
ファンたちを恋人に表現し感謝の気持ちを伝えた。


イ・ジュンギはミュージシャンとしての挑戦と方向性をニューアルバムに収めた。
氾濫する別の俳優あがりの音楽と確実に差別化するという覚悟だ。
このために多少実験的でもある。
イ・ジュンギの側近は「ヒップホップ・ロック・叙情性が効率的に使われた密度の高い
「ニューメタル」あるいは「ハイブリッド ロック」のジャンルと理解している

と話した。



イ・ジュンギは現在、中国に滞在し現地ファンたちと会っている。
これまで極秘裏に心血を注いで準備してきただけに韓国と日本でアルバムを同時に
発表して活発な活動に乗り出す予定だ。
source:starin.edaily

この記事を読んだら・・・凄~~く楽しみになって来ました。
ほんと・・・届くの楽しみですね。
まだの方、いかがですか??



イ・ジュンギ 北京
北京でインタビュー受けてるジュンギくん

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

ランキングに参加してます上
クリックジュセヨ~~音符


Yahoo!ブックマークに登録
Secret

TrackBackURL
→http://koreandays.blog85.fc2.com/tb.php/802-5e8f10b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。