上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Two Weeks」3話の視聴率・・・10%にUPしました。
前回より2ポイントもUP凄い伸び率~

この分で行くとジュンギくんの演技も素晴らしいし良い脚本だし「主君の太陽」は俳優は良いけど
内容がいまひとつって記事を読んでこれはいける!!!って思いました。
オムニバス形式らしいです。
これからの脚本次第ですが・・・逆転の可能性も視野に入って来た気がします。

下手なあらすじですが読んで頂けたら嬉しいです
詳しく知りたくない方はスルーして下さいね。

では・・・Two Weeks 3話あらすじです

動画もどうぞ




☆動画は削除されるかもしれませんので早めに見て下さいね。
削除されましたらこのブログからも動画は削除させて頂きます

登場人物の相関図を見たい方は こちら ← ポチして下さい


最初の回想シーンは省略させて頂きますね。

제3화(第3話)

Two Weeks イ・ジュンギ パク・ハソン

テサンの回想..
イネ:してくれるの?くれないの?
テサン:子供を一人で育てたのか?どうして?あの時俺が...俺が確かに
イネ:手術室の前で見張ってなきゃ チンピラらしく
テサン:ご両親は?移民は?
良心について移民に行くんじゃなかったのか?
イネ:チャン・テサンさん、お前のような人間と話をしたくて来たんじゃないのよ
血液検査してくれるの?してくれないの?それだけ言って
してくれるなら明日の4時までこっちに来て、したくなかったら、

テサンの携帯で自分の携帯に電話をかけ番号を残すイネ

イネ:こっちに電話して
テサン:したくなければ?
イネ:子供が生きるのが嫌なら

席を立って行くイネ

テサン:子供が生きるのが嫌なら?...

バイクで逃げながら思い出していたテサン

Two Weeks イ・ジュンギ

警察署
スンウはテサンから自白を取れなかった事でイライラして同僚と衝突する。
そこにチェギョンが慌てて入って来てミスクを殺したのは誰かと、何処にいるのかと
ヤン刑事はチェギョンが検事であることを知ると先ほど送致したと答えるが、その時
電話でテサンが乗った車が事故にあいバイクで逃走したと伝えて来た

チェギョン:今誰と言ったんですか?チャン・テサン?
オ・ミスクを殺した殺害の被疑者がチャン・テサンですか?

その時チェギョンは8年前を思い出す
被告人席に座っているテサン

Two Weeks イ・ジュンギ

チェギョン:違います。パパを殴った人はその人じゃなくてあの人です
私が私が見ました

泣きながら訴えているチェギョン


テサンはバイクを走らせながら道路に備え付けてある監視カメラに気づき映画のシーンを思い出す
監視カメラでテサンの行方を追っていると監視カメラにテサンの乗ったバイクが捉えられ
この近くに戻って来たようだと報告が入る
手錠は?と聞くスンウにまだかけているようだと。
手錠を外しに戻って来たのだろうと
地図に印をつけた所の検問とすぐにバイクの手配、そして手錠を外すための工具店や
切断機のある工場を調べタクシーの検問、特にバイクを見つけろと指示する

テサンはバイクに鍵をかけたままにしてわざと盗ませる。
幌をつけたトラックを見つけ隠れて乗り込むと車が走り出した直後に検問が敷かれ、
危うく難を逃れ無事に脱出に成功する

Two weeks イ・ジュンギ

チェギョンは検察庁の上司ハン検事部長にこの事件を担当させて欲しいと頼む

チェギョン:ミスクは私が妹のように思っていた子でした
ハン検事部長:だから妹のようなオ・ミスクが殺害され現場で捕まった被疑者が逃走した?
だからこの脱走事件の指揮を任せて欲しい?それだけか?
チェギョン:ミスクを殺した犯人を自分の手で捕まえたいんです
ハン検事部長:おい、パク・チェギョン、私を甘く見てるのか?

出張に行って帰って来て直ぐ飛び出し事故を起こし、今までヘマばかりしている奴に
こんな大事な件を任せられるか?出て行け!と
チェギョンは泣きながら・・

チェギョン:オ・ミスクは私のせいで死にました
ハン検事部長:それはどういう事だ
チェギョン:認知捜査をしていました
*認知捜査:検察が犯罪の手がかりを直接捜査すること。

Two Weeks キム・ソヨン

ムン・イルソクとチョ・ソヒは釜山から繋がっててたった8年で会社を大きくした。
誰かの助けなしでは不可能であると。

ハン検事部長:チョ・ソヒなら息子が障害者で障害者のため国会議員になったという女性じゃないか?
清廉なうえに恵まれない人々のスポークスマンのような人物だ
チェギョン:コネクションのために徹底的にイメージを操作しているんです
そのお陰で市民がソウルの市長にまで推戴する凄い方になったんです
オ・ミスクが殺害された責任は私にあります。私が潜入させたので
そのうえ、チャン・テサンに殺害されました
私の手でチャン・テサンを捕まえられなかったら私は生きていけません。部長



ムン・イルソクとチョ・ソヒはビルの屋上で会い、ミスクの家を隅々まで調べたが盗聴された
可能性は無いのでチョ・ソヒと会った事だけチェギョンに報告しただけだろうと。
テサンを倉庫まで乗せたタクシーも上手く処理し早くテサンを検察に送り邪魔なチェギョンを
担当検事から外せば心配ないと。
安心したふたりだが、その時テサンが逃走しチェギョンが担当検事になったと報告を受け驚くふたり。


警察署にチェギョンが担当検事になったと来て護送中に脱走したので指揮権は検察にあると。
テサンが犯人だという証拠は確かなのかと担当刑事だったスンウに聞くと、現場での逮捕、
凶器に付いた指紋、麻薬、そしてアリバイもないと。
チェギョンはソウル全域に検問を拡大させソウルから出さないようにと指示をする


その頃・・テサンの乗った車はソウルを抜けある果物屋の前で止まるとテサンは車から降り
隠れるところを探し工事現場に行くと喉が渇き
テサン:水を一口だけでも飲めたら良いのに...

トラックの中の飲みかけのコーラを見つけ盗み飲み、喉の渇きを癒やし一息つき辺りを見回し

テサンの心の声:検問をすると隠れるところがないじゃないか
息をせず1分は我慢出来るけど検問は1分じゃ終わらないよな...

立ち上がろうとした時手にしていたストローを見て何かを思いついた様子のテサン

two weeks イ・ジュンギ

一方、チョ・ソヒは検察庁に出向きこんな大事件をチェギョンのような実績も実力も無いチェギョン
に任せるのは如何なものかと、被害者が水商売の女性なので検察も軽くみてるのでは?と女性団体
が騒いでいると暗にチェギョンを担当から外すよう要求する


ミスクの殺害現場・・チェギョンとト・サンフン調査官が現場検証に訪れる
two weeks キム・ソヨン 

チェギョン:ムン・イルソクに気づかれたような気がしたのに私の連絡を待ってて
チァン・テサンにやられたんですよ
こんな事とも知らずに私はチョ・ソヒの息子を探そうとアメリカに行って徒労に終わって
ト・サンフン調査官:こんな事になるとは分からなかったじゃないですか
チェギョン:こんなに早くミスクが二人の関係をあらわに出来るはずがないと判断を誤ったんです
今までいくら後をつけてもチョ・ソヒとムン・イルソクが会うのをを掴めなかった
3ヶ月間人を頼んで後をつけさせた事もあったわ
気持ち悪いくらい用意周到だったわ
ト・サンフン調査官:ちょっと待ってて下さい
デジカメがあるかそれから探してみます
チェギョン:いえ、私が探すわ

ミスクのトランクの荷物を調べ
デジカメが出て来なかったのでミスクを殺してデジカメまで持って行ったのでは?と
テサンを捕まえればムン・イルソクも捕まえられると
そして今まで絶対人前で会ったことのないムン・イルソクとチョ・ソヒがチャリティーオークション
で会うのでその時何かがあるのだろうと

two weeks

その時、電話で部長検事からテサンの脱走事件の捜査から外れろ地検長の指示だと
国民が注目している事件なのでチェギョンでは役不足だという
捜査から外されるわけにはいかないので泣きながら電話をかけるが通じず途方にくれる

チョ・ソヒが自宅に帰ると家の壁に市民からの励ましのメッセージや花束が置いてありそれを
持って家の中に入り粗末な地下を通り入った部屋は豪華な部屋・・・

チョ・ソヒからムン・イルソクに電話がかかり、チェギョンの件は処理したのでテサンを
片付けろと命令される
今まで権力を使ったことのなかったチョ・ソヒだったがチャリティーイベント開催のため
邪魔なチェギョンやテサンを片付けるために躍起になっている

two weeks

テサンの後輩のマンソクはテサンに言われたとおりムン・イルソクの経営する店に行き
ミスクと会長の関係をホステスから聞き出そうとお酒を飲む
酔って家に帰りながら独り言・・・
マンソク:オ・ミスクとマン・イルソクは付き合ってた。だけど殺した
それをテサン兄さんに被せた。兄さん、僕が調べ・・
明日警察の面会は何時ころになるかな..

そこへ現れたスンウ
家宅捜査しテサンが逃げたことを知らなかったので驚くマンソク
マンソクがテサンと飲んだのではと疑うが友人と飲んだので確認して欲しいと
テサンが良く連絡をとっている友人はいないし自分の話は余りしないと・・・
テサンが話した人の名前を書くよう言われ手帳に書くマンソク

警察署に戻るとテサンが乗って逃げたバイクが見つかったと連絡が入る
高校生が乗り中古の店に売ったということである
警察の視線を逸らすための行動と分かり怒り狂うヤン刑事
すぐ検問を全国に拡大させるよう指示し検問が始まる

砂を積んだトラックが検問で止められ見せるよう言われると運転手は砂しか積んでいない
人が隠れる事は出来ないと言うが砂の上に登り警官が棒を刺しながら隠れていないか確認する

two weeks

トラックが走り出すと土の上に黄色いストローが出ていてその土の中からいきなりテサンが出て来る。
土の中に潜りストローで呼吸をしていたテサン
土の中から這い出し呼吸が苦しそうなテサン

☆ジュンギくんが本当に死ぬかと思ったと言ったシーンですね(><)
苦労したシーンですので画像を多く貼りますね。

two weeks イ・ジュンギ
two weeks イ・ジュンギ
two weeks イ・ジュンギ
two weeks イ・ジュンギ

トラックがガソリンスタンドで止まると車から下りて逃げるテサン


続きは次のページへを
ポチして続きをどうぞ...





走って逃げていると手錠をしているためバランスを崩して転んでしまう

two weeks

納屋に忍び込み裁断機を見つけ手錠を切ろうとするが切れず途方に暮れていると犬の鳴き声に
驚き自転車を見つけて逃げる
途中、川に差し掛かった時キャンプをしているところを見つけそっと近づき干してある服を盗んで
いると突然金属を切る音がする
電気カッター?を盗んで民家の庭先に忍び込むと家の中からイビキをかく音が聞こえる
テサンは隠れて石を投げてみるが出てこないので安心し、庭先に納屋があることに気づく

two weeks パク・ハソン イ・チェミ

イネ:何?眠れないの?まだ腕が痛いの?
スジン:うるさくて眠れないの
イネ:テレビを消してあげるから
スジン:ドキドキ..心臓の打つ音がうるさいの
イネ:嬉しくても寝て

テレビのニュースでヨンドンポ警察から護送される途中、殺人犯が脱走したと伝えている
テレビを見ていたスジンとイネ・・・

スジン:ヨンドンポ警察だって。おじさん忙しくなるね。ママ退屈でどうする?
イネ:ママは子供なの?おじさんがいないから退屈だなんて
あの人は脱走したのかな?
スジン:誰?
イネ:おじさんが捕まえた悪い人
スジン:殺人犯。人を殺した人でしょう?さっきもニュースに出てたよ
イネ:スジン
スジン:いい言葉も知ってるわ。私に骨髄をくれる優しいおじさん
イネ:おじさん?おじさんですって?
スジン:ただおじさんのような気がしたの。おじさんでしょう?
イネ:ママも知らないって何度言ったらいいのかしら?早く寝なさい

two weeks パク・ハソン

テサンは納屋でコンセントを探して見つけ電源を入れると思ったより大きな音がして驚くが
幸い家の住人が起きて来ないので電気カッターで手錠を切り離しほっとして泣いてしまうテサン。

two weeks イ・ジュンギ

チェギョンは任務を解かれた為、朝早くから検察庁の玄関に座っている

ト・サンフン調査官:検事、一晩中ここにいらしたんですか?
チェギョン、立って・・入ろう
チェギョン:ミスクの顔をどうやって見れる?申し訳なくて
ト・サンフン調査官:すでに手から離れた事件だよ。チャン・テサンが捕まるのを待つしか

two weeks

ミスクの遺体の確認をする
ミスクにかけられた布をめくったチェギョンはミスクの無残な遺体を見てショックをうけ
涙を流しながら傷を確認する

チェギョン:首から胸、下腹部 無慈悲にメッタ刺しされてる
ト・サンフン調査官:博士、普通の偶発的な殺人はナイフでこんなに上を刺さないですよね
監察官:そうですね。偶発的な殺人は下腹部に向きますね
チェギョン:殺すつもりで死ぬまで刺したのよ。チャン・テサンの奴が
ト・サンフン調査官:顔はあの時より良くなってるよ
チェギョン:それが何よ。私が助けて私がまた殺したのに
麻薬中毒者として生きてまだ死んでなかったはずよ


監察官:被害者の血痕以外他の人の血痕はありませんでした

袋の中からミスクの血だらけの服を取り出すチェギョン

ト・サンフン調査官:それをどうしようと..
チェギョン:ミスクを送るとき一緒に入れてあげようと思って

急に泣き出すチェギョン

ト・サンフン調査官:どうされたんですか?検事
チェギョン:そんな...

チェギョンが取り出したものは血に染まったブラジャー

チェギョン:これ去年の誕生日に私がプレゼントしたものです。ミスク...
こんなに古くなってるのに

two weeks

ミスクの血だらけのブラジャーを抱きしめ泣くチェギョン
その時、チェギョンは何かに気づきブラジャーを調べるとブラジャーのパットを入れるところに
紙切れが入っていた。
その紙切れを広げてみると質屋の保管証だった

チェギョン:デジカメを預けてるわ
ト・サンフン調査官:デジカメなら
チェギョン:タバタ質屋?デジカメは奪われたんじゃないみたい


部長検事の家の前で待ち伏せし血だらけのブラジャーを差し出し

チェギョン:この中からミスクが残したデジカメの保管証を見つけました
部長検事:デジカメ保管証?

保管証を見せて

チェギョン:ミスクが命をかけて守った保管証です
この中にムン・イルソクとチョ・ソヒの密談が録画されてます

two weeks

チェギョン:ムン・イルソクとチョ・ソヒだけ捕まえさせて下さい
私に操作権がなければこのデジカメはチョ・ソヒの手に入る事になります
そうなればミスクは犬死になり父の事件から今まで8年間追いかけて来た私の努力も
水の泡になってしまいます
部長検事:お父さん?それならお前...
チェギョン:はい、そのために検事になりました
無能なふりをして部長を欺きなんとしても定時に退勤してムン・イルソクとチョ・ソヒの後ばかり
探っていました
部長検事:探るために検事になったのか?
チェギョン:申し訳ありません
部長検事:私の首をかけなければならない事だ、これは。お前も首をかけられるか?
チェギョン:この二人だけ捕まえれば検事の資格のない私は検事を辞めます
部長検事:そうじゃないよ、お前の本当の命の事を言ってるんだ
お前は死ぬかもしれないんだ

頷くチェギョン

テサンの行方の手がかりがつかめず捜査をやり直しソウル、釜山方面、ありとあらゆる所
をくまなく捜査する事に、そしてスンウやチン刑事にテサンの電話の内容を抜き出せと指示
そしてテサンの行きつけのクラブ、賭博場も全部調べろと指示する

two weeks リュ・スヨン

イネとスジンは無菌室に移るために荷物の整理をしているとスンウが会いに来る

スジン:おじさん、ママ、スンウおじさんだよ
イネ:スンウさん 脱走事件のせいで凄く忙しいと思ってたのにここにはどうして?
スンウ:あ、酷いな。どうして僕が来ないと思ってるのかな
スジンそうだろ?お前のママは信じられないよな?
スジン:おじさんは私に会いに来たんだってママ
イネ:ところで何でそこでそうしているの?
スンウ:僕も今スジンを凄く抱っこしたいんだけど汚いから、洗ってないんだ
スジン:今のところ大丈夫よ

two weeks

スンウ:あいごーうちのティンティン姉さん、コンディションはどうだ?
スジン:ちょっとだけ怖いの
スンウ:そうだな、無菌室に入ったら凄く辛いだろうな
だけど13日我慢すればおじさんが何をしてあげるんだっけ?
スジン:サッカー、遊園地、アイスクリーム
スンウ:だから?
スジン:我慢しないと
スンウ:正解!

two weeks

スンウ:申し訳なくてどうしようもないよ
イネ:私も大丈夫ですよ
スンウ:イネさんじゃなくてスジンに
イネ:脱走のニュース見ておじさん忙しくなるね、ママは退屈になるねってどうする?ってこうよ
スンウ:イネさん、僕を蹴っ飛ばして下さい。一番辛い時にそばにいてあげられなくて
イネ:そうね、あの人はどうして逃げて大勢の人に苦労をかけてるのかしら?
スンウ:あいつのせいで 私が殺しても死体でも必ず捕まえてやる
イネ:怖いわね
スンウ:まさか、本当に殺すかもって?どんなことがあろうと捕まえるよ
だけどあいつは人間じゃないよ
イネ:ケガしたらダメだから気を付けて
スンウ:片手間に電話で無事を報告するからスジンの状態も教えてして

朝・・・眠っているテサン
two weeks イ・ジュンギ

その時・・・スジンは無菌室へ・・・
two weeks
two weeks

イネ:いよいよ無菌室入場~
スジン:ママ、ちょっと待って待って
イネ:なに?
スジン:ここを出るとき私生きて出て来るんだよね?

two weeks

イネ:もちろんよ。心配しないでママとおじさんとした約束だけ考えててね
スジン:ママ、おじさん好きでしょう?
イネ:え?
スジン:おじさんがママの事もの凄~く好きだからママもおじさんを好きになったんだよね
イネ:急になんで聞くの?あなたもおじさんが好きでしょ
スジン:私がおじさんを嫌いだって言った?私もおじさんを好きよ。入場~


チェギョンが質屋でカメラを探すが無い、テサンが預かったものだと知り驚く

チェギョン:よりによってチャン・テサンに..
ト・サンフン調査官:逃げてもムンイルソクに捕まったらデジカメを奪われるかもと
思って預けたんでしょうか
チャン・テサンがムン・イルソクの部下だとも知らずに
チェギョン:デジカメをチャン・テサンに預けたからバレた可能性もあるわ
ト・サンフン調査官:これまでチャン・テサンの行動はご存知なかったんですか?
チェギョン:2008年にチャン・テサンが2度目の刑務所に行くのを見て止めたわ。
ムン・イルソクの犬なのよ。言われたら何でもやるわ
ト・サンフン調査官:いくらそうだとしても前科2犯に殺人罪まで追加されると無期懲役
になるかもしれないのを知らなかったんでしょうか?
チェギョン:とてつもない代償を約束...分け与える家族もいないわ...
チャン・テサンは孤児院出身なのよ

two weeks

チェギョン:2008年から後のチャン・テサンの行動を調べて下さい
ト・サンフン調査官:釜山時代から再捜査してみます
チェギョン:チョ・ソヒが主催するチャリティーイベントもお願い
腐った匂いはするけどまだ正確な場所までは見つかってないわ
ト・サンフン調査官:分かりました。ところで検事がここにいらした事をムン・イルソクと
チョ・ソヒに知られてしまうでしょう?
チェギョン:関係ないわ。もう裏から探ることはしないわ
死んでもチャン・テサンを捕まえてあいつらの腐った腸を引き出してやるわ、私が

その時テサンを見つけたと電話が入る

two weeks

そしてその頃ムン・イルソクのところにも質屋でミスクが預けたデジカメを探しにチェギョンが
来たと連絡が入る
ムン・イルソク:チャン・テサンが保管証を書いたのは間違いないが金庫にデジカメが無いそうだ
ハン・テジュン:オ・ミスクさんがデジカメを預けたんですか?
ムン・イルソク:デジカメならミスクがあの日窓の外から俺たちを撮ったって事か?
カーテンは閉まっていたと思ったが
ハン・テジュン:パク検事が探しに来たということはただのデジカメではないようですね
会長とチョ・ソヒを捕まえるためなら録音機能くらいは付いてるでしょう

チョ・ソヒとミスクの電話を盗聴して聞いた時の事を思い出すムン・イルソク

ミスクの声:会いたいです、こう 必ず伝えて下さいね。

ムン・イルソク:それなら会いたいと言うのは証拠を掴んだという暗号だったというわけか?
ハン・テジュン:質屋にそのデジカメが無いということはチャン・テサンの手にある・・・

two weeks

キム先生:はい、お父さん、はい分かりました。

警察ではテサンの今までの足取りを調べ8時間で遠くまで行った事に驚き、電気切断機で手錠を切る
にはコンセントが必要なはず、二日間一睡もせず食べていないし検問もしているので遠くには行って
いないだろう、軍にも要請し山も捜索すると。自分たちより早く動いてるのに手錠を外してしまったら
もっと遠くに逃げてしまうので早く捕まえようとチェギョンも同行すると。

two weeks

two weeks

外が騒がしいので驚いて飛び起きたテサン...外を見るとおばあさんが鶏を追い掛け回している。
おばあさんは鶏を追いかけながら
私が訳もなくお前に朝と夜餌をやったと思ってるの?私もこの夏を乗り切ろうと思えば栄養も
つけなきゃならないじゃないか、自分の体を守ってくれる爺もいないし子供もいなし、私はただ
食べることで持ち堪えてるのさ と言いながら棒を持って鶏を追いかけ回している


その頃・・・軍もテサン捜索の為出動する
two weeks

テサンは納屋の小窓からおばあさんと鶏の戦いを観戦中
two weeks イ・ジュンギ

テサン:本当にこのおばあさん体力あるなぁ。一時間も過ぎたのに
はっきり見えるから出ることも出来ないし、今何時だよ 一体...
おばあさん:私が勝つかお前が勝つか・・今日は昼ご飯を夜中に食べようともお前を必ず食べてやる

その様子を見ていて思わず笑い出してしまうテサン
笑いながら急に我に帰り・・・
おい、お前が今笑ってる場合か?腹が空いたよ。喉が乾いた..どこまで持ち堪えられるかな..
お金も無いし、周りには警察も大勢いるだろうし...

弱音を吐いてると...スジンの声..

two weeks イ・ジュンギ

スジン:そうね。どうするの?
テサン:そうだな、どうしたらいいかな?
スジン:そうよ、どうするの?
テサン:ただここで隠れていられたら良いな。食べる物だけあればお前の手術の日まで...

突然、スジンから預かったぬいぐるみを探し、無事にあることを確認すると

two weeks

テサン:大変なことになるところだった。返さないといけないのに...
スジン:指切りして約束したのにどうやって返してくれるの?どうして逃げたのよ?
テサン:どうかしようと逃げたんじゃなくて死なないように..
死んだらだめだろう?お前の手術の日まで
だけど、ムン・イルソクが俺を殺そうとするからひとまず逃げたんだ
生きなきければならないから
スジン:私の手術の日までどうやって生きるの?お腹空いてて
テサン:そうだな


村中にこの当たりに脱走犯が逃げたので気をつけるよう放送が流される


テサン:一体どうして俺を殺そうとしてるんだ?どう考えても分らない
指紋・アリバイのでっちあげまで完璧に擦り付けておいてどうして?
何故俺を殺そうとするんだ?
ムン・イルソクとオ・ミスクはどんな関係があるんだ?
マンソクが調べたかな?この家に電話あるかな?

テサンが窓から外を覗くとまだおばあさんは鶏と睨み合っている
とうもろこしで誘き寄せるが失敗に終わりおばあさんは転んでしまう
テサンが出て行きおばあさんを抱き起こすと驚くおばあさん
テサンが山に行って一晩中迷って降りてきたと話し、鶏を僕が捕まえようか?と提案。
そしてテサンはおばあさんに鶏肉をご馳走してもらう

two weeks

おばあさん:いつもこいつは逃げ回ったけど味は最高だね
テサン:そうですね

two weeks イ・ジュンギ

おばあさん:ところでリュックも背負わないであの山に登ったのかい?怖くもなく?
テサン:おばあさんも怖くもなくここに一人で、怖くないんですか?
おばあさん:私は別名横綱よ!怖いって何が怖いんだい!人が怖い?お化けが怖い?
テサン:エーイ、お化けも怖く無いんですか?
おばあさん:お化けが怖いかって?何が怖いんだい?人が怖いよ!
人間がこの世で一番怖いのさ
テサン:そうですね。人が一番怖いです、僕も

その時村人が訪ねて来た

おばあさん:イ・ジャン何かあったのかい?

two weeks イ・ジュンギ

慌てて逃げようとするテサンを引き止めるおばあさん

おばあさん:座ってなさい。もっと食べて
村人:アイゴー、息子さんがいらしたんかい?

テサンは慌てて逃げ出す

捜査会議しているところにもテサンを見つけたという通報が入る
ムン・イルソクの息子キム先生も地図を見て向かう
現地にはパトカー、軍 大勢が向かい辺りは騒然となる

1375909875391.jpg
two weeks

テサンは山を必死に登って逃げる
警察と軍隊とで山狩りが始まる そしてムン・イルソクの息子も山に入った

two weeks
two weeks

スジンの手術まであと・・13日


もっと簡単に書こうと思ったのですが、書くうちにどんどん長くなって来ちゃって・・・
大切なセリフとか良いセリフは省けなくて結局長くなってしまいました。。
このペースで続けて行けるのか・・・凄く心配です

スジンが登場するとホッとしますね。
テサンがスジンにまだ泣き言を言ったりしてますね(笑)
でも、このドラマ・・ダメな父親だけどテサンがすこしずつ父親として成長していく
ドラマのような気がします。楽しみです。
そしてチェギョン・・・頼もしいです。
この先、きっとテサンの力になってもらえそうな・・・その前に一山超えなきゃだけど。
そして怖いのはムン・イルソクの息子が出て来たことです。
彼は殺気が凄い!!!!太陽を抱いた月でフォンの護衛を務めてましたね。

さて・・・次は4話ですね。。
5話が始まる前には何とかUP出来ると良いのですが・・・応援して下さいね。
みなさんの暖かいポチ応援が更新の励みになります。宜しくお願いします

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

ランキングに参加してます上
クリックジュセヨ~~音符

Yahoo!ブックマークに登録
Secret

TrackBackURL
→http://koreandays.blog85.fc2.com/tb.php/910-365c1472
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。