上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2weeks 13話・・・サッと訳すつもりが・・かなり長くなってしまいました。
読むのも大変かも・・・
ついつい・・・こんな自分に呆れながら楽しんで読んで頂けたら嬉しいです(๑≧౪≦)

Two Weeks13話の視聴率ダウン・・・これまでで一番低いかも・・・8.7%
裏番組「主君の太陽」がお休みしたのに人気映画を放送するなんて・・・悲しすぎるわ


下手なあらすじですが読んで頂けたら嬉しいです
間違いもあるかと思いますがご理解の上お読み頂ければ幸いです
そして本文の転記はご遠慮下さいませ
詳しく知りたくない方はスルーして下さいね。

動画もどうぞ




☆動画は削除されるかもしれませんので早めに見て下さいね。
削除されましたらこのブログからも動画は削除させて頂きます

登場人物の相関図を見たい方は こちら ← ポチして下さい


最初の回想シーン始まって約1分23秒までは前回と被りますので省きます。

では・・・2Weeks 13話あらすじです


제13화(第13話)

2Weeks

テサンが部屋に忍び込むと・・・ムン・イルソクがいた・・・
ニヤリと笑うムン・イルソク、驚くテサン
そしてキム先生がそっと後ろのドアから入って来る

チェギョンの声:今取り調べ中です。ファン・テジュンもイム・ヒョンジンもここにいます
今夜は誰も戻って来ないと思いますが、それでも気を付けて・・・
ムン・イルソク:驚きすぎて肝を潰したか?

検察庁に捕まってなければならない私を見たから何かおばけでも見たようか?
パク・チェギョンはどうして連絡もしてくれないのか恨めしいだろう?

4時間前

2Weeks

チェギョン:事件当時のアリバイが不明瞭でオ・ミスクと内縁関係を否定出来ない写真もあり、
日本に出張・・何故、何の為に誰に会いに具体的に説明してくれたら誤解は溶けるでしょう?
日本にはなぜ行かれるんですか?検察庁で取り調べ、初めて受ました?
長い間事業をしてるのに・・

ムン・イルソク:急にお前どうしたんだ?
お前は私だけを捕まえる女じゃないのにどうして私を捕まえる?
チェギョン:どうして弁護士に電話しないんですか?
ムン・イルソク:弁護士を探すという事は私が疑惑を認めてるような気がしますので
チェギョン:証拠もない嫌疑に何をそんなに怖れるんですか?
チョ誰それさんに電話して差し上げましょうか?ぶつぶつこぼせば良いでしょう?
ムン・イルソク:ぶつぶつ?
チェギョン:開発の情報を下さい。地価を操作して福祉センターショーをして下さい
弁護士を探して下さい
ムン・イルソク:検事さん、これ録画されてる事を分かっててそのような暴言、良いんですか?
後で過剰調査になる恐れがありますよ。検事服が鉄製の服でも無いはずですが・・・
チェギョン:他の事件とこんがらがってしまったわ・・

ト・サンフンが入って来て検事部長が呼んでると

2weeks

検事部長は確実に令状を貰える追加資料とは何かと聞く
チェギョンはアリバイを操作する指示を受けた録音ファイル、ブラックボックス
に写ったムン・イルソクの服、そしてテリョンとソクドゥを呼び出し証拠を補うと
検事部長は溜息をつき二人から圧力や抗議が入るのを知らなかったのか?と
令状を請求しろ、判事さえ説得する自信がなければ早く釈放しろと・・・
十分勝算があると断るチェギョン
その場でト・サンフンに電話し
ムン・イルソクの令状請求を当直判事室に送るように言う



2weeks

チョ・ソヒは判事に自分の携帯のスケジュールを見せ、ムン会長は11月オ・ミスクという女が
殺害された日、私と12時半に会って昼食を食べたと
判事はパク検事がオ・ミスクの家の前でムン会長が車から降りるCCTVがあると言ったと言い
写真を見せるとあの辺の山が好きで家でも建てようか?と一緒に行き自宅で食べたと・・

2weeks

チェギョンはムン・イルソクが日本へ誰に会いに行くのかは調べる事が出来ると・・
チェギョンの話を聞いた部長検事はデジカメを取られて仕方無いからムン・イルソクでも
先に捕まえよう・・そんなことだと思っていたがチョ・ソヒも摘み取りチャン・テサンの
濡れ衣も晴らし両方捕らえようという事だったのか・・・と
頷くチェギョン


2weeks

チェギョンは取調室に戻るとムン・イルソクの姿は無くト・サンフンが知らなかったのか?と
検事部長と話が長かったので合意されたのかと思っていましたと・・・
驚くチェギョンにト・サンフンは紙を見せ令状を請求するや否やすぐに棄却されたと
チョ・ソヒが判事に会いムン・イルソクのアリバイを証明したと言う
チョ・ソヒが判事室に行ったと聞き先ほど検事部長に言われた事を思い出す・・

検事部長:一旦令状は請求して判事に検討をしてくれと言ってみろ
チェギョン:まさか、部長 それじゃ・・
ムン・イルソクはいつ出たの?出てどの位経つの?
慌てるチェギョン

PM08:05
ムン・イルソクは車に乗り・・・早く急げとファン・テジュンに指示

チェギョンは慌てて駆けて出てくると
チェギョンの心の声:ムン・イルソクの奴、何処に行ったのかしら?
チェギョンの声:まさか家に帰って無いわよね?
ト・サンフンの声:対策を用意するには会社に行くでしょう

車を出そうと駐車場に行くと出られないようになっていて焦ってテサンに電話をするがテサンは
ドリルを使っている最中なので気づかない・・
予約車の表示をつけていたタクシーがチェギョンを見るとすぐに予約のライトを消し空車表示に
チェギョンは急いで乗り込む・・・
テサンの携帯の留守電にムン・イルソクが釈放されたのですぐに逃げろとメッセージを入れる・・
その時、タクシーが路肩に泊まり故障したようだと運転手は言う・・


2weeks

ムン・イルソク:チョ・ソヒと一緒に捕まえようと自分の拉致まで黙っていた女が急に私を
緊急逮捕する?どうして?チヤン・テサンの為に?そんなはずがあるか?

お前にミミズと言った言葉を取り消すよ。頭を使うとは案外やるな
よくも女検事と組んで私の家の塀を乗り越えるなどと・・・
今夜私の家の隅々まで探し金庫を探しデジカメのコピーを探す?方法もなかなかだな
質屋まで忍び込んで寝てったそうじゃないか?

テサンは隙を狙って逃げようとしたがキム先生に取り押さえられる・・
殴ろうとするキム先生にムン・イルソクはケガをさせるなと

ムン・イルソク:お前は3度目の刑務所に行くのが怖くなり、もう自殺をするんだ
顔を一度も見たことない娘に骨髄をあげることにしてたが痴情殺人をしたって事で・・
テサン:骨髄・・・知ってたんですか?
ムン・イルソク:交通事故が起こった隙に衝動的に脱走したんだが・・・
テサン:ダメだー
ムン・イルソク:こいつ、最後にどうやって逝くのか教えてやろうとしたのに。送れ

2weeks

テサン:手術だけさせてくれ、手術を受けて自分の足で来て死ぬから
俺の濡れ衣を晴らす欲、おなたを捕まえる考えは捨てるから・・・
もう3日残ってる 3日後に殺しても良いじゃないか?
ムン・イルソク:何でも時があるものだ。お前の4日後が重要だったら私の4日後も重要なんだ
テサン:俺が手術しなければあの子は死ぬんだ。あの子だけ助けてくれれば・・・
ムン・イルソク:世の中で親に恵まれないのが一番残酷な運命だな
私は運命を変え、お前は運命通りに生きたから子供もお前を父に持って生まれたのがその子の運命だな
テサン:会長、今から俺何処に閉じ込められても構いません
見張ってて、手術の日に手術だけさせてくれて殺して下さい

ムン・イルソクの足にしがみついて縋るテサン・・・
2weeks

テサン:会長、会長・・・あの子、あの子だけは助けて下さい
ムン・イルソクが合図するとキム先生がテサンに薬を嗅がせて眠らせる・・・

ハン・チングクがテサンに電話するが応答がないので様子を見に行く事に・・
キム先生は旅行バックにテサンを詰め車のトランクに入れる
そこにダンボールを積んだリヤカーを引いて通るハン・チングク・・・
通りすがりに携帯をトランクに投げ込む

ムン・イルソクが15分だけ停電させ自分専用のエレベーターだけ非常発電で動かすので
抜かりなくやれと・・・
キム先生はムン・イルソクのビルの屋上にテサンを運ぶ
ハン・チングクはキム先生の車のトランクに投げ入れた携帯の位置追跡で追って来る
自分の建物で?と呆れるハン・チングク
ビルを見上げ112センターに電話をかけ場所を伝え屋上から誰か飛び降りようとしていると伝える

☆112番とは・・・犯罪を目撃したり巻き込まれた場合にかけるところ・・・つまり日本でいう119番です

キム先生はテサンを入れたバックを引きずって行きテサンを出し縄を解き、屋上から突き落とそうと
してテサンが抵抗し反撃するが落とされそうになる

2weeks

その時、ハン・チングクが駆けつけキム先生を見てタップルか?と聞きその隙をついて二人で
逃げる
キム先生も後を追うがハン・チングクが通報したため警察が来て諦める


テサン:おじさんどうやって分かったんですか?
ハン・チングク:さっきの奴、コ・マンソクを殺した奴か?
テサン:ええ、あいつです。ところで屋上で何ておっしゃったんですか?
俺を助けようと思ったんですか、でなければあいつが知ってる奴ですか?


2weeks

チェギョンはムン・イルソクの家にテサンがまだいると思い門の外で早く開けろ!と
怒鳴るが開かないので塀に飛び乗るとムン・イルソクとファン・テジュンが待ち構えていて
塀の上のチェギョンをカメラで撮影する
降りて来いと手で合図するムン・イルソク
チェギョンはもう殺したの?と聞くとファン・テジュンは教えてやるから入って来いと・・・
その時テサンから電話がかかって来てホッとし塀を降りる


2weeks

ムン・イルソクはキム先生が失敗したと知りキム先生を殴る
役たたず!さっさと飛行機に乗れ!と怒鳴り怒りが治まらないムン・イルソクは
チョ・ソヒの電話にも出ない


Two Weeks

自分が苦境に立った時だけ助けを求め報告もしないムン・イルソクに腹を立て
まさかまた失敗したのか?と電話で文句を言うチョ・ソヒ



チェギョンはチョ・ソヒの家の前に行き家を眺めもう寝てるの?
子供と大人2人を一度に殺そうとそうしておいて、もう寝る?と呆れ時計を見る

キム・ミンスの報告で必ず毎日12時5分になると明かりが消えるという事が引っかかる
チェギョンはチョ・ソヒに電話し10分で着くので会いましょうと
出て来るとチェギョンがもうそこにいたので驚くチョ・ソヒ
そしてチョ・ソヒはチェギョンが録音していないか機会を使って調べる
呆れて・・・
チェギョン:私が今、あなたの言葉尻を捕えるために録音する余裕があるように見える?
チョ・ソヒ:だからあなたは私を捕まえられないのよ

2weeks

チェギョン:チャン・テサンの子供を助けて下さい・・・
チャン・テサンじゃなくチャン・テサンの娘です
ソ・スジンと知ってますよね?8歳になる女のこです
チャン・テサンに骨髄を貰えなければこれから一週間も生きられない子です
チョ・ソヒ:どういう事?
チェギョン:殺さないで、チャン・テサンも、子供も!やめなさいって!何処までやるの?
どうして子供まで殺そうと思うの?息子がいるでしょう?あなたにも・・・
チョ・ソヒ:私はその子を殺そうとした事はないわ
チェギョン:チャン・テサンが死ねばその子も死ぬのよ、それがそういう事じゃないの?

チェギョン:チャン・テサンに娘がいること知らなかったの?
娘に骨髄を上げなければならないのを知らなかったの?
チョ・ソヒ:知らなかったけどそれが何か?

チョ・ソヒは殺すと言わなくても死ぬように仕向ける世の中だ、刃物だけが人を殺すのではない
夫にも息子にも私にもこの世はそうだった・・・
他人の子を生かそうと自分の将来を諦める人はいない、自分が一番可愛いのだと
チェギョンも自分の職業を復讐に利用したと言われショックを受ける・・・
テサンの娘の手術が重要ならどうして拉致された時、黙っていたのか?と・・
私まで捕まえようという欲、デジカメが残っていたから・・・人とはそういうものだと

Two Weeks

チャン・テサンの為に娘が死んだらそれはチャン・テサンのせいよ、誰のせいでもないわ
あなたがこのようになったのもあなたの父親のせいであって私のせいではないわ
私があなたの父親ならそんな事に手を出さず何年もの歳月を虚しく寝て死ぬことはしないわ

チェギョン:あなた言いたい事は全部言った?
どれほど悔しかったでしょう・・・私の父さん火病で亡くなったのよ
チョ・ソヒ:ナイフで一度刺されて犯人を捕まえられなかったのが悔しくて火病で死ぬのが当たり前
なら私の命は12個あっても足りないわ
呆れて悲しそうに笑うチェギョン

火病(화병) 極度に怒りを抑える事により強いストレス性の障害を起こす疾患

人々は本物のナイフでなく舌で人を傷つけても誰も何もしてくれないと・・・
全て他人のせいなのか?障害者の息子を育てながら人にやられた事を言い訳にするなと言うチェギョン
チョ・ソヒは自分のやり方で息子を守ったのだ、あなたは私を絶対捕まえられないと
家の玄関の壁に貼ってあるポストイットを剥がして家に入るチョ・ソヒを見て言葉も出ないチェギョン



テサンと以前会った待ち合わせ場所にトボトボと歩いてくると
テサン:どうしたんですか?検事さん、死にかけたように見えますね
力なく笑ってテサンの横に座ると・・・

2weeks

チェギョン:ごめんなさい。どんなに怖かったか・・・
テサン:申し訳なくて怖かったんです。スジンに申し訳なくて
チェギョン:ごめんなさい。私の手落ちよ
テサン:いいえ、俺の過ちです
俺が卵で奴らが力が強いということを忘れていたようです
万が一までも考えて思ったのが彼らに勝ちたかったようです
チェギョン:それでも生きてるじゃないですか
私は明日から停職でなければ謹慎です
テサン:それは予想してたんだし・・・
チェギョン:だけど私がお陰で何かちょっと助かったわ
テサン:俺も明日引き上げるものがあるんだ


2weeks

イネはチェギョンと話したことを思い出し眠れずにいた・・・
イネの声:デジカメも無いのにテサンさん今何をしてますか?
チェギョンの声:私と処理している事があるので心配しないで待ってるようにと・・
イネの声:私が何か出来る事はないですか?
チェギョンの声:イネさんに助けを貰いたくないと思いますよ

部屋の外にいるイム刑事に気づく・・・
チェギョンの声:ムン・イルソクの逮捕は失敗しました
溜息をつくイム刑事・・
イネが顔を出し二人は外に出る・・・

2weeks

イネ:もう怒ってませんか?ごめんなさい。私が先に連絡するべきだったのに・・・
スンウ:チャン・テサンを銃で撃ったのは俺でした。デジカメを奪って行ったのも俺だった
驚くイネ・・・

スンウ:銃を撃った時は骨髄移植手術の事を知らなかったし、デジカメはスジンに手術をさせたくて・・・
イネ:ちょっと、ちょっと待って、スンウさん、今何を言ってるの?
デジカメを奪って行ったのがスンウさんだなんて・・・

テサンがデジカメを奪われイネが犯人から取り返そうとした時のことを思い出し・・
イネ:違ったわ・・あの人はムン・イルソクがテサンさんのデジカメを奪おうと送った人よ
顔を見合わせ・・・・
スンウ:イネさんの後をつけてチャン・テサンがデジカメを受け取る時間と場所を教えてやりました。
イネ:何故?どうしてですか?デジカメがあの人にとってどんなものか・・・
それがあの人にとってどういうものか知らなかったんですか?
スンウ:スジンを殺すって言ったんです

Two Weeks

スンウ:デジカメさえ渡せばチャン・テサンを殺さないと言ったんだ
濡れ衣はスジンが手術をしてから俺がそそいでやれば良いと思ったんだ
スンウの心の声(デジカメを奪ってもチャン・テサンを殺そうとするとは思わなかったんです)
イネ:だけどそんな脅迫を受けたのにどうして私に話してくれなかったんですか?
どうして私がこっそりデジカメを探しに行ったと思ってるんですか?
いっそ話してくれたら良かったじゃないですか
スンウ:イネさんに前もってお願いしてましたよね・・・



続きは次のページへを
ポチして続きをどうぞ...



スンウに言われて思い出すイネ・・・
スンウ:チャン・テサンからまた電話か来たらその時は必ず私に自首しろと言って下さい
俺がどんな事をしても調べて濡れ衣を明らかにしますから・・

スンウ:イネさんはチャン・テサンの頼みを選んだんだ・・・

2weeks

スンウ:あまり自分を責めないで下さい
世の中の事情が分からなかったのは俺だから
仮にも刑事なのに生きて来てあらゆる奴らを皆んな見たと思っていたが、俺の見たそれ以上の
世界があるって事を初めて知ったよ・・・
イネ:どうしてそんな話をするんですか?



2weeks

スジンは目が覚めイネを探すがいない
スジン:ママ何処行ったの?あ、見たことないのだ・・・

イネとテサン二人だけの携帯を見つけて開けるとスジンが壁紙になっている
スジン:ママのだわ。ママ携帯ふたつ?
電話帳を開くと・・・・
スジン:あっ、スジンのパパ?スジンのパパ?

2weeks

テサンはハン・チングクの部屋に戻り座ると電話がかかって来た
携帯を取り出し見るとイネから・・・何かあったのかな?
電話に出るテサン
テサン:おう、イネ・・・
スジン:パパ?

2weeks
2weeks

驚くテサン・・・・
スジン:もしもし?スジンのパパですか?
違う、違う・・・スジンのパパじゃないですか?
戸惑うテサン・・・
スジン:もしもし?私はソ・スジンと言いますが、スジンのパパ・・・
テサン:スジン・・・
スジン:パパ?パパですか?
テサン:ああ・・・
スジン:わぁーパパ、ママと仲直りしたんですか?ママが許してくれたんですか?
ママの携帯にパパの番号がありました

2weeks

テサン:ママの携帯を見たの?ママは?
スジン:ママはトイレに行ったみたい
テサン:そうなんだ・・・
スジン:パパ、こんばんわ。この前はパパがパパじゃないふりしたから
テサン:そうだったな・・・俺はお前が俺を知っているって知らなくて慌てて・・・
スジン:大丈夫よ。ママが人には話せない事情があるんだって言ったの
テサン:そうか、ところでお前はどうして分かったの?俺が・・・
スジン:パパだってこと?
テサン:うん
スジン:それは、私に会いに来たら話してあげます
テサン:そうしてくれるか?
スジン:私に会いに来るでしょ?元々来ようとしてたでしょう?
テサン:うん、3晩だけ寝たら会いに行こうと思ってたんだ
スジン:わぁ、その日は私の手術の日なのに
テサン:お前の手術の日・・・

2weeks

テサン:スジン、スジン・・・・
スジン:はい、だけどね 私は今日来ても良いんだけど・・・
テサン:ごめんな
スジン:それなら明日は?
テサン:手術の日に行くよ・・・その前には行けないんだ
スジン:あー、大切な用があるのね
テサン:うん、大切な用があって忙しくて

フラッシュバックのように思い出す・・・
ムン・イルソク:お前の子供もお前を父に持って生まれて来たのがその子の運命だ・・・
急に心配になり・・・

テサン:スジン・・・

2weeks

テサン:放射線治療を受けに行く時は必ずママと行くんだよ
スジン:そうしてるよ
テサン:パパはもうこっそり会いに行けないから
俺たちは3晩だけ寝たら会えるんだよ 26日、その時会おうな
スジン:はい、3晩・・そうだ、ところでパパ、この前パパの友達・・・
パパ、ママが来たわ、切るね・・・

イネが戻って来た音がして慌てて電話を切り寝たふりをするスジン・・・
ぬいぐるみのティンティンを見ながら決意を新たにするテサン

2weeks

ハン・チングクが起きてテサンは慌てて涙を拭き起こしてしまったか?聞くと
補聴器を外していたので聞こえていなかったよう・・・

何を手伝えば良いのかと聞くハン・チングク
発つと聞いていたので驚くテサン・・・
ハン・チングクは昔、息子を失くしたと話す
キム先生と似てるのかと聞くテサンに調べてみないと・・・とハン・チングク

イム刑事が警察署に戻ると班長に話があると言われ・・
班長はイム刑事に何も報告も相談されず疎外感を感じていたよう・・・
そして班長はイネの警護をするように指示し、もうひとりの刑事にはテサンの事を
再度調べるように指示する
退職する前に何か相談事があれば何でも言って欲しい、先輩として力になると・・・


検事部長はチェギョンがムン・イルソクの家の塀に登った写真を見て渋い顔
チェギョンが入って来ると住居侵入だって?私に話していないことがあるだろう?
と言うとチェギョンは停職でも謹慎でも決まりましたら連絡下さいと・・・
話をしようと言う検事部長に一度も使っていない有給休暇をまとめて使いますと言って部屋を出て行く


2weeks

チェギョンは休みをとり・・・ソファーで寝ている テーブルの上には焼酎の瓶やつまみ
出前を取るが代金はドアの下に置き直接受け取らない
出前を持って行ったファン・テジュンの子分から報告が入りチェギョンのだらしない暮らしぶりを聞き
笑いながらテサンを助けることは出来ないと安心する
質屋を閉店する事に・・・今、片付けている最中だとファン・テジュンは話す


イネは刑事が店まで警護して店が終わる30分前に連絡くれるように言う
イネは店で材料の下ごしらえをしていると客が入って来たので見ると・・・
ムン・イルソクだった・・・

2weeks

イネはインターネットでムン・イルソクを調べて顔を知っていた
驚くイネ・・・ムン・イルソクの注文を取り店の裏に行きテサンに連絡しようとして
薬を嗅がされ拉致される・・・


2weeks

テサンは質屋に電話をかけテリョンをからかうと発炎筒??を店の中に投げ込みテリョンと
ソクドゥは質屋から逃げ出す
その隙にテサンは質屋に入り蛍光灯の裏につけておいた録音機を回収する・・・



店ではイネが戻って来ないので心配になり電話をかけるが電源が入っていないよう
その時、病院からもイネに連絡が取れないと電話が入る
イネの姿が見えなくなって30分経つ・・・


キム先生の泊まっているホテルを突き止めたイム刑事
その時、イネがいなくなったと連絡が入り、刑事たちもイネが失踪したため必死に探す
そして病院に待機していたチン刑事もイネの捜索に・・・


チェギョンは自分の部屋で調べものをしているとヴィナース通商という会社のことが
引っかかり、チョ・ソヒの家の隣りの家だけど代表は誰なのか詳しく調べて欲しいとト・サンフン
にメールを打っているとイム刑事からイネとテサンが今、会ってるか?と電話が入る・・・



2weeks

テサンは録音機に上手く録音されているか確認する・・・
ソクドゥがテサンに会長がオ・ミスクを殺したと話したのか?
そして・・・
ファン・テジン:会長が殺したとお前の口でしゃべったって事だな?
テリョン:本当に会長が殺したんですか?
社長が殺したんじゃないんですか?
ファン・テジュン:おい、こいつ、俺がナイフで刺した事は沢山あるが人を殺した事はない
お前ら、チャン・テサンがここに録音機を設置したということは誰にも言うなよ

その時チェギョンからの電話でイネがいなくなったと聞き驚くテサン
するとイネから電話がかかって来る・・少し待つように言い電話に出る・・・

2weeks
2weeks

イネが縛られ口をテープで塞がれた映像が映し出され驚きイネの名前を呼ぶテサン
イネを助けたければ静かに聞け、今いる位置を知らせる為に周辺を映せと言われ携帯で周りを
見せ、ここは漢江だと伝える

30分後にサンチ洞教会前に来い、女を助けたかったらチェギョンに連絡するな、したら死ぬと
マンション前で見張ってる、チェギョンが家から出たらイネが死ぬ、来なければお前の女は死ぬ
イネと話をさせて欲しい・・頼むテサン・・・

テサン:口を塞いでるのを外せ、この野郎!息が詰まったらどうするんだ!
と怒鳴るテサン・・・

イネと話をさせろと言うテサン
ムン・イルソクが了解し、イネの口に貼られたテープを外す・・・

2weeks

イネ:テサンさん、私の話しをちゃんと聞いて・・ここに絶対来ないで・・
ここに来ればあなたは殺されるわ。 あなたを殺すわ・・それじゃスジンが死ぬわ
私を助けないでスジンを助けてちょうだい・・・
テサン:どこかケガたところはないか?
イネ:大丈夫だって・・・私は大丈夫だからスジンを助けてオッパ・・・
この人はオッパを殺すわ

キム先生:サンチ洞教会前に行って車に乗れ、30分やる

2weeks
2weeks

イネ:待って・・
オッパにまた会えて良かったわ・・・どんなに良かったか・・・
私の中に込めておいたオッパの姿、ずっと記憶のままだったみたい・・・
もうその記憶をスジンの為に使って・・・
絶対来ないで!チャン・テサン

電話が切れ・・・
テサン:イネ!!!

2weeks

キム先生:実行しました。
イム秘書:それでは次の目的地に移動して下さい。確実に尾行されないように気をつけて・・・


イネを拉致された事で怒りを車にぶつけ座り込むテサン
キム先生の言葉:30分後に来なければこの女が死ぬ・・・
そしてイネに言われた言葉を思い出す・・・
「ここに来たらあなたを殺すわ。それじゃスジンが死ぬわ。スジンを助けて・・
私の中に込めていたオッパの姿、ずっと記憶のままだったみたい・・・」


8年前を思い出すテサン・・・・
2weeks

テサンを見つめるイネ
テサン:また見る、恥かしいだろ・・・
イネ:私はオッパの瞳の中に私がいるのが本当に嬉しい
私が入ってるみたいで・・・
テサン:瞳に映るのはその瞬間だけだよ
心に留めるのが本当だよ
イネ:オッパが心をちゃんと見せてくれてる?
テサン:心は感じるものだろう?俺ってそんなに・・そうなのか?
イネ:(笑)オッパが何をそんなに・・・
テサン:まったく

2weeks
2weeks

テサン:人に聞かれるだろう?
イネ:聞かれたらどうなの?ソウルに私たちの知ってる人もいないのに・・・
テサン:知り合いのいないソウルに来て本当に暮らしていけるか?
イネ:釜山ではオッパが新しくスタート出来ないじゃない
釜山よりソウルが働き口も多いし、学校も多いし・・
私が卒業すればすぐに来るからそれまで仕事を頑張って学校も真面目に通ってね
テサン:会いたくなるかも それが一番心配だよ・・・
イネ:だから目で私を沢山撮っておいて後で出して見てね

2weeks



テサンはチェギョンに電話する
チェギョン:イネさんはどうなってるの?
動画を送るのでイネの瞳に誰が映っているのか、何が見えるかそれを拡大して欲しいと
言うと、チェギョンはどういう事かと聞く
テサンはムン・イルソクにイネが拉致されイネがサインを送ったようだと・・・
拉致されたと聞き驚くチェギョン・・・
サインを瞳で送ったというのはどういうことか?と・・・
チェギョンは携帯の動画のイネの瞳を拡大して見るとキム先生が映っていた
テサンにもパソコンの画面を携帯で見せて後ろにカメラが見えるので写真館のようだと・・

キム先生が写真を撮るのが趣味だと言わなかったか?と写真館だけを探せば良いというテサン
その時、テサンが隠れたゴミ収集車の作業員がキム先生の車を撮影していたことを思い出す
イム刑事の電話番号を教えて欲しいと・・・
チェギョンが動くとイネを殺すと言った、だから家から絶対出ないで欲しいと言う
テサンはイム刑事に電話してその映像を探して欲しいと頼む
動画にはキム先生の車のナンバーが映っていた。
そして住所まで分かりその住所は写真館だった。
その写真館に向かうイム刑事

2weeks

テサンが指示された場所に到着するとチェギョンから場所が分かったので
イム刑事が今、そちらに向かったと・・・
するとすぐにイネの携帯から電話がかかって来た
電話に出ると指示された車に乗りナビどおりに行けと・・場所は春川
驚くテサンに春川に着いたら次の場所を指示すると・・
今から到着するまで携帯を切ったり、ナビゲーションの道を外れるとイネは死ぬと脅される。


病院の警備室に女性がこの病院のお陰で父が助かったと言いながら飲み物を配る
スジンのいる病棟の職員全て眠っている・・・その傍には飲み物が・・・
そこに現れたのはムン・イルソク・・・・
ムン・イルソクは全員眠っているのを確認しスジンの病室へ・・・
スジンはサッカーボールで遊んでいるとそこにムン・イルソクが現れインターホンでスジンと話す

2weeks

スジン:おじさん
ムン・イルソク:おじさんを覚えてるのかい?
スジン:もちろんよ。ところで本当に私のパパの友達ですか?
ムン・イルソク:勿論だとも。スジン、パパに会いに行こう
スジン:パパ病院に来てるんですか?
パパが手術の日まで会えないって言ってたんだけど
ムン・イルソク:パパと話したんだね?
スジン:はい
ムン・イルソク:パパがスジンに会いに来れないって言ったけどスジンがパパに会いに
来たらダメだって言ってないだろう?
スジン:私は出たらダメなんです。
放射線治療を受けに行く時の他は出たらダメなんです
ムン・イルソク:知ってるよ。だからおじさんが無菌車まで準備したんだよ
見る?

携帯で写真を見せるムン・イルソク

ムン・イルソク:パパがスジンに凄く会いたがってるんだよ
スジン:(笑)本当に?

無菌室からスジンを車椅子に乗せて連れ出すムン・イルソク・・・
嬉しそうなスジン・・・

2weeks
2weeks

スジンの手術まであと3日・・・・・


2weeks


14話に続く・・・・


スジンとテサンが偶然電話で話すことが出来て良かったですね。
スジンが嬉しすぎて足をバタバタさせるところ・・ほんと可愛かったです。
驚いたのはイネの拉致・・・テサンへの言葉・・胸が痛くなりましたね。母の愛 
そして釜山にいた頃のふたりのラブラブなシーン・・・
ジュンギくんもこ~ゆう演技 イケルかも~(笑)
今度はラブコメも良いなぁ。。見てみたいです。
それにしてもムン・イルソク スジンを連れてオットケ~~~

テサンは最後にちゃんと家族を取り戻せるでしょうか?
次の14話・・私今までで一番好きな回かも~


最後まで読まれましたら応援ポチして頂けると更新の励みになります。宜しくお願いします

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

ランキングに参加してます上
クリックジュセヨ~~音符

Yahoo!ブックマークに登録
Secret

TrackBackURL
→http://koreandays.blog85.fc2.com/tb.php/920-02e5ee59
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。